たぶろいど

世の中知らないことだらけ・・・

生活

ネットカフェで宿泊は可能か?カプセルホテルとの違いは?料金は?

2016/07/04

ネットカフェ

ネットカフェは昔は漫画喫茶と呼ばれていました。

漫画喫茶の原型は、その名の通り普通の喫茶店に大量の漫画が置いている場所でした。

それがどんどん変化して、個室にインターネットが使えるパソコンのあるネットカフェに進化したのです。

そんなネットカフェは宿泊施設ではありません。


しかし、ネットカフェは24時間営業なので宿泊する目的で利用可能です。夜にネットカフェに行き、朝方まで過ごすのです。


終電を逃した会社員が始発まで時間をつぶすのに使ったりします。


つまり、ネットカフェには宿泊施設として利用できる環境が整っているのです。


スポンサーリンク


一般的なネットカフェの特徴とは


ネットカフェを利用したことがない方の為にネットカフェとはどんなところか説明します。


ネットカフェでは・・・・

・個室の中で時間を過ごせる

・テレビとパソコンがありネットができる。

・数万冊の漫画と新刊の雑誌・新聞を読める。

・紙コップのジュースの自販機があり、飲み放題。

・軽食を注文できるところもある。



利用目的は人によって違います。

・お菓子をポリポリしながら好きな漫画を読み続ける人

・なんとなくネットサーフィンをし続ける人

・ネットゲームに熱中する人

・営業途中に仕事をさぼる会社員

・そして、ホテルの代わりに利用する人


ネットカフェはとっても便利なところなのです。

スポンサーリンク


ネットカフェでシャワー


たいていのネットカフェには個室のシャワールームがあります。だから手ぶらで行っても大丈夫です。


料金はかかりますが、ドライヤー、タオル、ソープ、シャンプーなどシャワーに必要なものは揃っています。


注意点は、シャワールームの数が限られていること。


ですので、朝方はシャワーを利用したい人が重なり、順番待ちになることがあります。


ネットカフェでは、どうやって寝るのか


個室のタイプはリクライニングシートフラットシートになります。

リクライニングシート
リクライニング」

フラットシート
フラットシート


寝ることを前提に行くのであれば、フラットシートの個室を選びます。

個室は、決して広くはありませんが、なんとか体を伸ばせるくらいの大きさです。

ブランケットを無料で利用できます。
ブランケット


店内の音と照明の光があるので、耳栓とアイマスクがあった方が良いです。
耳栓アイマスク

あと店内は乾燥しているのでマスクもあった方が良いです。

決して快適な睡眠環境ではないのでそれは覚悟しておきましょう。

人の気配を感じると気になり寝れない人はネットカフェはおすすめできません。


ネットカフェの料金


ネットカフェの利用金は、1時間数百円からスタートします。

1時間経つと、そこから15分経過するごとに料金が追加されます。

料金

これとは別で、基本料金より安くなるプランがあります。

それが~時間~円というパック料金プラン。

例えば、3時間1000円とか5時間1500円という料金体系です。これだと基本料金より割安になります。

そして、夜に入店すると、このパック料金がさらに安くなります。

例えば、「21時以降に入店すると8時間パックが1600円」みたいな料金プランです。

宿泊でネットカフェを利用する時は、パック料金がグンと安くなってから行くことをお勧めします。


ネットカフェとカプセルホテルはどちが良いか


お金を少しでも節約するならネットカフェです。

きちんと風呂に入って睡眠をとりたいならカプセルホテルです。

何を優先するかで、どちらを選ぶか変わります。

ちなみに翌日に受験などの人生で大事な日を迎えるのであれば、余計なストレスや疲れを残してはいけません。


その場合はネットカフェでもカプセルホテルでもなく、ビジネスホテルに宿泊しましょう。

<関連記事>
ネットカフェで快適に宿泊するコツや料金を紹介!女性でも宿泊できる?

スポンサーリンク

-生活
-, , , ,