たぶろいど

世の中知らないことだらけ・・・

生活

エアコンが動かない!電源が入らない時の原因と対処方法

2016/08/23

エアコンが動かない!

リモコンで操作しても本体が全く動かない、反応しない!

この場合、考えられる原因は主に2つ

・リモコンの不具合
・エアコン本体の不具合

まずはリモコンの不具合の可能性から確認していきます。

スポンサーリンク


まずリモコンの不具合か確認する

リモコンに不具合があると当然エアコンは動きません。

リモコンの不具合には、いくつか原因があります。この順番に確認していきます。


①電池切れ

電池切れの場合は、新しい電池に交換すれば問題解決です。



②リモコンの一時的な誤作動

電池を交換してもエアコンが動かない場合、何かしらの誤作動で一時的にリモコンが正常に作動していない可能性を疑います。

対処方法は、リモコンから電池を取り外して、そのまま「運転/停止ボタン」を30秒ほど押し続けます。

するとリモコン内に残っている電気がすべて消費され、それがリモコンのリセットになることがあります。



③リモコンが故障している

電池交換、リモコンのリセットをしても解決しない場合は、リモコンの故障を疑い、その確認をします。

正常なリモコンは、ボタンを押すと先端から赤外線が出ます。赤外線は肉眼では見えませんが、携帯電話のカメラ越しに見ると赤外線が出ているのが見えます。

リモコン赤外線

赤外線が見えればリモコンは正常。見えなければリモコンが故障しています。

故障している事が分かれば、リモコンを買い替えます。

ちなみにiPhoneの裏にあるレンズでは、正常なリモコンでも赤外線が見えません。iPhoneで確認する時はiPhoneの画面側に付いてるレンズの方で確認してください。

スポンサーリンク


エアコン本体の不具合を確認する

リモコンの赤外線が見えて、リモコンが正常だと確認できた場合、エアコン本体の不具合の可能性を疑います。

エアコン本体の不具合の種類は2つあります。

・エアコン本体自体の不具合

・赤外線受光部の不具合


①エアコン本体の不具合の確認方法

エアコン本体には、応急スイッチとか運転ボタンとか運転/停止というスイッチがあります(エアコンの種類によって名称は異なる)。

普通は、そのスイッチを押してエアコンの電源を入れたり止めたりすることができます。

しかし、本体に不具合があると、このスイッチを押しても本体の電源が入りません。

その場合は、もうどうすることもできないのでメーカーに修理の依頼をします。


②受光部の不具合

エアコン本体には赤外線の受光部と呼ばれる箇所あります。

この黒い四角い部分
受光部


ここでリモコンから飛んできた赤外線をキャッチします。

もし、エアコン本体のスイッチを押して電源が入るなら、赤外線の受光部に不具合があります。

この場合はエアコンの受光部の修理が必要です。

この場合は、本体のスイッチでの電源の入り切りは可能です。

ただし、温度調節や風量調節はできません。自動運転になります。

受光部を修理して直るまでは、自動運転でしのぐことになります。


※ちなみにリモコンが故障して新しいリモコンを手に入れる時も、本体スイッチの運転でしのぎます。

スポンサーリンク

1つだけ対処方法があります

上記の一連の流れを試して、エアコンの本体が故障していると分かった場合、1つだけ対処方法があります。

それは、壁からコンセントプラグを抜いて1分待ってから指し直すという方法です。

コンセントプラグ

まれにですが、動かない原因が一時的な誤作動の時があります。

その場合は、プラグの抜き差しで改善する時があります。

ただし、これでも改善しない場合は本当に本体が故障しています。

ですので、エアコンが動かない時は、とりあえずプラグの抜き差しを試してみても良いと思います。


まとめ

エアコンが動かない場合の対処方法をまとめると・・・

①まずはプラグの抜き差しをしてみる。

②それで駄目ならリモコンの不具合の確認。

③リモコンが正常なら本体の不具合(この時点でエアコンの修理が確定)


ちなみに、エアコン本体の運転ランプが点滅している場合、エアコンで具体的な不具合が起こっています。

その時はリモコンを使って具体的な不具合内容をチェックできますので、下記を参考して故障内容を確認してください。

ダイキンのエアコンでランプが点滅時、何が起こってるか確認する方法


最後に今までの対処方法を上手く説明している動画を見つけましたので紹介します。




リモコンの赤外線のチェック方法は動画を見た方が分かりやすいと思います。

参考にしてみてください。

スポンサーリンク

-生活
-, , , ,