たぶろいど

世の中知らないことだらけ・・・

イベント 行事 観光

那覇ハーリー2016花火と爬竜船のスケジュールを把握すべき理由とは?

2016/06/02

那覇ハーリーは2016年で42回目を迎え、今や沖縄を代表するお祭りとなりました。

毎年ゴールデンウィークに開催され、会場も那覇市の中心から近いため、那覇ハーリーがメインの旅行でなくても気軽に沖縄観光の一部に組み込むことができます。


そんな那覇ハーリーの見どころはなんといっても爬竜船(はりゅうせん)と呼ばれる舟のレースと花火でしょう。

スポンサーリンク


第39回那覇ハーリーより




音と光のファンタジー(花火)


海上で打ち上げられる花火です。



那覇ハーリーは、午前中には始まり、夜9時まで行われています。

しかし、朝から夜までずっと爬竜船のレースが観られるわけではありません。

爬竜船以外にも併設されたステージ上でショーやライブが行われていますし、普通のお祭りのように露店もあります。

那覇ハーリー会場の様子




ですので、あまり下調べをせずに適当に会場に行くと、爬竜船のレースの時間と合わなくて楽しめなかった、なんてことになりかねません。

那覇ハーリーの見どころをだけをしっかり押さえて効率的に沖縄観光を満喫するなら、那覇ハーリーのスケジュールを正確に把握しておく必要があります。

ということで、那覇ハーリーを効率良く堪能する為に必要なことを調べました。

スポンサーリンク

日時・場所

開催日時
2016年は
3日(火)、4日(水)、5日(木)の3日間

開催の前日が土曜日なので、前日から沖縄へ旅行に来る方も多いでしょう。


場所
那覇港新港ふ頭

住所
沖縄県那覇市港町1-16-10




会場への行き方

ゆいレール


会場への交通手段は
バス
タクシー
モノレール

のいずれかになります。


■車
会場には駐車場がないのでお勧めできません。

■モノレール
ゆいレールと呼ばれるモノレールが走っています。
最寄り駅は古島駅
(那覇空港駅から約20分)
ただし、古島駅から会場までは約3キロ離れています。
最寄り駅とは言いにくい距離ですね。

■バス
ゆいレール旭橋駅前に沖縄最大の那覇バスターミナルがあります。
そこから会場へと向かうバスが何本も出ています。

バス乗り場は
20、23、27、28、29、31、63、77、80、110、120


いずれかからバスに乗り、泊高橋で降ります。


■タクシー
バスは本数があるので問題はなさそうですが、観光客が始めての場所でバスを乗りこなすには、いろいろと調べることがあり何かと面倒です。

観光では時間を無駄にしたくありません。そのことを考えると素直にタクシーを使って時間を節約することをお勧めします。


那覇ハーリーのスケジュール

スケジュール

1日目
中学生・PTA・一般競漕

2日目
11:00~16:00
爬竜船体験乗船(ハーリーの体験乗船ができます!)


3日目
ハーリー一般競漕

御願バーリー・本バーリー
15:55~17:20


爬竜船と花火どちらを観るか

爬竜船のレースを観るなら1日目か3日目の夕方までに、

爬竜船に乗る体験(無料)をするなら2日目の夕方までに会場に行きます。


その流れで花火を観たいところですが花火の時間が20:40~21:00なのです。

爬竜船は夕方までなので、そこから花火を観るには数時間待たないといけません。


この場合選択肢としては

①爬竜船だけにする

②花火だけにする

③爬竜船を観た後、イベントで時間を潰しながら花火の時間まで待つ

のいずれかになります。

③を選んだ場合、会場には露店やイベントがあるので時間潰しにはなりますが、露店の内容は普通のお祭りとあまり変わりません。

現地の人は露店でも楽しめるでしょうが、わざわざ沖縄まで観光に来た人が地元でも行けそうな露店で時間を潰すのは時間がもったいない気がします。

いずれにしても前もってスケジュールが分かれば無駄な時間を過ごすことがないので、那覇ハーリーに行くなら事前に計画を立ててから行動することをお勧めします。

スポンサーリンク

-イベント, 行事, 観光
-, , ,