たぶろいど

世の中知らないことだらけ・・・

生活

戸籍謄本とは?戸籍抄本との違いは?どんな時に戸籍謄本が必要なの?

2016/06/02

yakusho

何か手続きをする時に必ず必要となるのが、戸籍謄本や戸籍抄本。

何かある度にいちいち役所まで取りに行くのが面倒なんですよね。

私は最近まで戸籍謄本と戸籍抄本の違いが分かっていませんでした。

例えば、パスポートを申請する時は必要な書類は「戸籍謄本または戸籍抄本」と書かれています。


いったいどっちが必要なの?

どう違うの?

どっちでもいいの?

と何となく気にはなるのですが、結局、役所の職員に「~の申請をするのですが、どっちが必要なんですか?」と聞いて、言われた方の戸籍を取り寄せていました。

だから、ずっと戸籍謄本と戸籍抄本の違いが気になりつつ、役所に行けばなんとかなるから、それ以上調べることはしていませんでした。

スポンサーリンク

戸籍謄本と戸籍抄本の違いは

父親、母親、長男、長女の4人家族を例にして説明します。


戸籍謄本は、この4人全員の情報が記載されて書類です。


戸籍抄本は、4人のうち誰か1人分の情報だけを記載したもの


または複数人の情報を記載した書類です。


複数人の場合というのは、例えば、長男と長女の2人分の情報を記載したもの、とか父親と長男の情報を記載した場合のことです。


戸籍を取り寄せる時に謄本にするのか抄本にするのか、抄本にするなら誰と誰の分の抄本にするのかを指定が可能です。


要するに、全員の分(謄本)か


誰か特定の人だけの分(抄本)か


たったこれだけの違いです。


スポンサーリンク


戸籍謄本はどんな時に必要なの

大抵のケースでは、自分の分の戸籍抄本を取り寄せるだけで大丈夫なことが多いです。


例えば、運転免許を取る時とかそうですよね。あとは資格を取得する時とか。


逆に、家族全員分の情報(戸籍謄本)がいる時ってどんな時かというと


主なケースを挙げると


・結婚する時(婚姻届)

・離婚する時(離婚届)

・本籍を変える時(転籍届)

・養子縁組する時(養子縁組届)

・名前を変える時(氏の変更届、名の変更届)

・家族が亡くなった時(死亡届)



こうやって見ると人生の中で戸籍謄本が必要な時ってあまりありませんね。


自分が直接関係あると言えば、婚姻届くらいです。


どうしてもどちらが必要か分からない時は戸籍謄本にしておけば間違いありません。

スポンサーリンク

-生活
-, ,