たぶろいど

世の中知らないことだらけ・・・

行事

杭全神社夏祭りin2016!日程・詳細!だんじりの時間をチェック!

2016/06/02

杭全神社

杭全神社夏祭りは、別名「平野だんじり祭」または「平野郷夏祭り」とも呼ばれています。

※ちなみに「杭全」は「くまた」と読みます。

そして杭全神社夏祭りの見どころはなんと言ってもだんじり。

大阪でだんじりと言えば、岸和田市のだんじり祭りが全国的に有名ですが、杭全神社夏祭りのだんじりもその盛り上がりや熱気では全く負けていません。

そんな熱さが伝わる様子がこちら



9基のだんじりが平野郷(大阪市平野区)を駆け巡り、観衆の熱気もヒートアップ。

大阪市内でもこんな熱い祭りを見られるのです。

そんな杭全神社夏祭りの詳細や見どころを紹介します。

スポンサーリンク

杭全神社夏祭り日時・場所

開催日
毎年7月11日~14日
2016年は11(月)、12(火)、13(水)、14(木)


場所
杭全神社
大阪府大阪市平野区平野宮町2-1-67


問合せ先
杭全神社
06-6791-0208


最寄り駅
JR平野駅
JR天王寺駅から大和路線で5分
乗換案内でルートを確認する。


杭全神社夏祭りの見どころ

2016年の杭全神社夏祭りの日程と内容がこちら。

11日(月)
太鼓台足洗い
神輿足洗い

12日(火)
地車町内曳行
九町合同曳行(南港通り)

13日(水)
地車平野郷内・町内曳行
宮入

14日(木)
太鼓台巡行
神輿お渡り渡御

4日間の日程でだんじりが見られるのは12日と13日。


特に13日の宮入は、杭全神社夏祭りのクライマックスにあたります。

それぞれ詳しく紹介します。

スポンサーリンク

杭全神社夏祭り12日の見どころ

12日は9基のだんじりが平野区町内や南港通りを駆け巡ります。

南港通りは平野区内の平野公園東口交差点から西に向かって走っている道路



ピンをクリックするとコメントが出ます。
拡大画面で見る

この日のクライマックスは九町合同曳行

南港通りに9基のだんじリが勢ぞろいします。

12日に行くならぜひこの瞬間は見逃さないで欲しいです。

時間は21:45からですので、それまでは杭全神社の夜店でお祭り気分を楽しんで、それから時間の余裕を持って会場に行くのもありです。

場所は南港通りの「大阪信用金庫平野支店」のある交差点から西側です。
(平野本町5の交差点の西隣の交差点から西側)



拡大画面で見る


杭全神社夏祭り13日の見どころ

13日のクライマックスは「宮入」です。

これは杭全神社夏祭りの中でも一番盛り上がって、みんなテンションが最高潮になる時です。

宮入では、9基のだんじりが大鳥居を順番に通り抜けていくのですが、1基のだんじりが大鳥居の前を行ったり来たり。

ここが宮入の最高の見せ場。

パーフォーマンスを披露しながらなので、すぐには鳥居をくぐらないのです。

その様子がこちら

動画からでもお祭りパワーが伝わってきます。

このパフォーマンスは1基あたり20分~30分も続き、それが9基分繰り返されます。

そういうわけで18時~19時頃から始まった宮入は夜中まで続くのです。

場所は国道25線にある「宮前交差点」

拡大画面で見る

動画を見てもらうと分かる通り、当日は見物客で相当混雑します。

当然交通規制がかかるので必ず公共の交通機関(鉄道)を利用しましょう。

そして、宮入は夜中まで続きますので、夢中になって見ていたら終電を逃してしまうかもしれません。特に遠方の人はきちんと帰宅できるように終電の時間は要チェックです。

その時は、混雑を考えて駅までの移動時間に余裕を見ておきましょう。

でも、2016年の宮入は水曜日の平日です。

翌日に仕事や学校がある人は終電に合わせて帰るでしょう。

となればその後まで残っていれば人が減った状態で余裕を持って宮入を見れるかもしれません。

翌日に余裕がある人が試してみてはいかかでしょうか。

スポンサーリンク

-行事
-, , ,