たぶろいど

世の中知らないことだらけ・・・

生活

ほうじ茶のカフェインの赤ちゃんや子供への影響!寝る前や妊娠中はNG?

tea0

コーヒー好きの女性でも、妊娠中はお腹の中の赤ちゃんのことを考えてコーヒーを控えると思います。

そして、生まれてしばらく経ち、普通の食事を取れるようになったばかりの子供にもコーヒーを飲ませることはないでしょう。

なぜならコーヒーにはカフェインが含まれているからです。

よって、コーヒー以外の飲み物が選ばれるのですが、その中の1つがほうじ茶。

実は、カフェインはコーヒーだけに入っていると思われがちですが、ほうじ茶にもカフェインは入っています。



ということで

ほうじ茶のカフェインが妊娠中の赤ちゃんや子供にどれだけ影響を与えるのか?

寝る前に飲んでも大丈夫なのか?

について調べてみました。

スポンサーリンク

ほうじ茶に入ってるカフェインの量

まずはカフェインの代表格であるコーヒー、そしてほうじ茶に入っているカフェインの量を比べてみましょう。

ほうじ茶以外にもカフェインが入っている飲み物があるので、そちらも確認しておきましょう。


coffee1

ほうじ茶に含まれているカフェインの量はコーヒーの約1/3で、それほど多くありません。

意外にも玉露がコーヒーよりも全然カフェインの量が多いのです。


ほうじ茶のカフェインが妊娠中の赤ちゃんに与える影響

ほうじ茶のカフェイン量はそれほど多くないので、普通に1日2~3杯飲むくらいならい影響はないでしょう。

しかし、過剰に飲み過ぎるとお腹の中の赤ちゃんに影響が出てくる可能性があります。



カフェインには、利尿作業があります。

赤ちゃんの成長にはカルシウムは欠かせませんが、そのカルシウムは尿と一緒に体の外に排泄されやすいのです。

ですので、ほうじ茶といえども飲み過ぎると尿の量が増えて、その分多くのカルシウムが母体から失われ、赤ちゃんの発育が悪くなる可能性で出てきます。



カフェインは鉄分の吸収を妨げます。

過剰にほうじ茶飲み過ぎると、母親が貧血気味になります。

母親が貧血になり体調を崩すと赤ちゃんにも影響が出るかもしれません。



カフェインには血圧上昇効果があります。

母親の血圧が高めの場合は、ほうじ茶を飲み過ぎることで母親自身の体に負担がかかり、それが赤ちゃんにも影響を及ぼすかもしれません。

スポンサーリンク

ほうじ茶のカフェインが生まれた子供に与える影響

子供が生まれて離乳食が終わると、普通の食事を取るようになります。

するといろんな飲み物を飲むことになります。

コーヒーを飲ませる親はいないでしょうが、ほうじ茶を飲む可能性はありますよね。



ほうじ茶のカフェインが子供に与える影響は・・・

胃酸分泌作用

カフェインには胃酸の分泌を促進させる作用があります。

レストランの食事の最後にコーヒーが出るのは、食後の消化を促進させるためです。

子供にたくさんほうじ茶を飲ませると胃酸の分泌作用で胃酸過多を引き起こすかもしれません。

大人なら自覚症状を訴えることができますが、子供にはそれはできません。



覚醒作業

カフェインの一番の効果は覚醒作用です。

カフェインへの耐性がない子どもがほうじ茶をたくさん飲むと、その覚醒作用が原因で夜眠れなくなるかもしれません。

睡眠障害にはならないでしょうが、単純に夜眠れない子供は可哀想ですよね。


ほうじ茶を寝る前に飲んでも大丈夫か?

teapot-1138913_640

ほうじ茶のカフェインは、コーヒーの1/3しかないとしても、カフェインの覚醒作用と利尿作用があります。

たとえ、ほうじ茶を限度をわきまえて適量飲んでいたとしても、寝る前に飲めば眠れなくなります。

もし、あなたがカフェインに敏感で眠れなくなるタイプなら、ほうじ茶を含むカフェイン飲料を飲むときは、寝る数時間前に飲むようにしましょう。


まとめ

ここまで読むと、ほうじ茶という飲み物は、妊婦さんや子供にとって危険な飲み物のように感じてしまうかもしれません。

しかし、もちろんほうじ茶はそんな危ない飲み物ではないです。


妊婦さんでも赤ちゃんでも普通に飲んでいれば、全く影響はありません。

過剰に心配し過ぎる必要はありません。

ただ、万全を期して、カフェイン飲料を避けるなら、世の中にはノンカフェインのお茶や飲み物はたくさんあります。


例えば・・・

黒豆茶
ゴーヤ茶
そば茶
タンポポ茶
甜茶
杜仲茶
ルイボスティー
ごぼう茶

などです。

カフェインのことを気にしながらほうじ茶を飲むくらいなら、いっそのことノンカフェインのお茶に切り替えても良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

-生活
-, , , , , ,