たぶろいど

世の中知らないことだらけ・・・

生活

簡易書留の出し方!コンビニやポストからとか土日と休日に出せるのか?

post

簡易書留の出し方について分かりやすく説明していきます。

いきなり結論から書きますが、

コンビニやポストから簡易書留を出すことはできません。

郵便窓口でしか出せません。

そして、郵便局は基本的に平日の営業ですので、土日や休日に簡易書留を出すことができません。

しかし、ゆうゆう窓口なら土日・休日でも簡易書留を出すことができます。


ということで、

基本的な簡易書留の出し方

ゆうゆう窓口

について説明していきます。

スポンサーリンク

簡易書留とは

そもそも簡易書留とはどんな郵便物か再確認しておきましょう。


まず書留とは何かを説明します。

郵便物を書留で出すと、

「郵便局で郵便物を出した」という事実と

「郵便物が相手に届いた」という事実が記録として残ります。


ですので、例えば郵便物を送った相手に

「あんたが送ったって言う郵便物は届いてないよ」

と言われても、記録が残っているので

「ちゃんと送りましたよ!」

「ちゃんと届いてますよ!」

と証明することができます。


しかも、ちゃんと送った(記録がある)にも関わらず、その郵便物が届いてなかった、または郵便物が破損した時は、それは郵便局側の責任になるので、郵便局から賠償を受け取ることができます。


書留の種類

書留には種類があります。

一般書留
送ったという記録、届いたという記録、配達途中の記録が残ります。

郵便物が破損したり届かなかった場合は最大500万円まで賠償されます。

高価な物を送る時は簡易書留より一般書留の方が良いでしょう。



簡易書留
送ったという記録、届いたという記録が残ります。

配達途中の記録は残りません。

賠償金額は5万円まで。

一般書留より配達料金は安くなります。

別に高いものではないけど、「きちんと届けたい」「届いたかどうか確認できるようにしたい」なら簡易書留で良いでしょう。



現金書留
現金を書留で送ると現金書留と呼ばれます。

お祝い金などを送る時に利用されます。

お祝い金ののし袋も入る専用の封筒があります。



もしなんとなく簡易書留で送ろうとしているなら、一般書留にした方が良いかもしれませんし、逆にわざわざ簡易書留で送る必要はないかもしれません。


簡易書留・一般書留のメリット

post

書留のメリットは

・郵便物の不達、破損の場合は賠償を受けられる

・不在の場合は、その日のうちに再配達してくれる(19時頃までの依頼に限る)

・宅配便のように追跡番号がある

・土日・休日でも配達してくれる

書留は速達ではないので、相手に届くまでの日数は普通郵便と変わりません。

ただし、書留は土日・祝日も配達してくれるので、普通郵便より早く届くことがあります。


簡易書留・一般書留で送れる郵便物

簡易書留・一般書留で送れる郵便物は

・手紙(定形・定形外)
・はがき
・ゆうメール(旧冊子小包)
・雑誌などの定期刊行物

箱に入れるような配達物はゆうぱっく扱いになります。

書留は、速達、代引き、着払いと組み合わせることができます。

スポンサーリンク

簡易書留の料金

書留の料金は、その郵便物を普通に出した時の料金に書留の料金が加算されます。

料金は扱う郵便物の種類、重さによって変わります。

郵便局のホームページで必要事項を選択することで、書留の料金が計算できます。

郵便局のホームページで送料を計算する


書留と特定記録の違い

書留に似たサービスで特定記録があります。

特定記録は、「送りました」という記録のみ残します。

「配達途中の記録」や「届きましたという記録」は残しません。


特徴は
・インターネットで配達状況を追跡できます

・配達物は郵便ポストに投函されます

・賠償はありません


料金は基本料金+160円です。

特定記録は簡易書留よりさらにリーズナブルはサービスということです。


特定記録はどんな時に利用するのか?

受験の願書や公的な書類を郵便で提出する時は、締め切りがあります。

郵便物を受け取る側は、郵便物が

いつ届いたか?

ではなくて

いつの消印が押されているか?

を見て、締め切りに間に合ったか否かを判断することが多いのです。

ということで、特定記録は、「~月~日に出した」という記録をきちんと残したい時に利用します。

もちろん簡易書留や一般書留でも「出した」という記録は残ります。


簡易書留の出し方

mailbox
簡易書留、一般書留、現金書留は、どれも出し方は同じです。

郵便窓口から出してください。

コンビニやポストから出すことはできません。



手順は郵便窓口に言って

・「簡易書留でお願いします。」と伝える

・申し込み用紙を渡されるので記入して局員に渡す

・言われた料金を支払う

・申し込み用紙の控えを受け取る

たったこれだけです。


申し込み用紙の控えは、郵便物を追跡したり、配達記録の確認に必要なのできちんと保管しておきます。


土日・祝日に簡易書留を出したい時はゆうゆう窓口

郵便窓口は、土日・祝日は休みになるので、簡易書留、一般書留、現金書留を出すことができません。

その時は、ゆうゆう窓口から書留を出すことができます。

ゆうゆう窓口とは、簡単にいうと時間外窓口みたいなものです。

郵便局の端の方にある窓口で、不在票が届いていた郵便物を休日に取りに行った時に郵便物を受け取れるところがそうです。

ゆうゆう窓口は、土日・祝日、郵便局の営業時間外でも窓口業務を行っています。


この「ゆうゆう窓口」から書留を出すことができます。



ただし、ゆうゆう窓口は場所によって営業日や営業時間が異なります。

20時までしか業務をしていないところもあれば、24時間ずっと業務を行っているところもあります。

どうしてもその日に出したい、またはその日の消印が欲しい!

そんな時にゆうゆう窓口が近くあればラッキーですね。

ゆうゆう窓口は郵便局のホームページから探すことができます。
ゆうゆう窓口を検索する


まとめ

簡易書留はコンビニやポストから出すことはできません。

郵便窓口から出してください。

郵便窓口が営業していない時間、または土日・祝日に簡易書留を出すときは、最寄りにゆうゆう窓口がないか探してみてください。

スポンサーリンク

-生活
-, , , , ,