たぶろいど

世の中知らないことだらけ・・・

生活

イギリス旅行への影響はあるのか?EU離脱による注意点について

luggage-1436515_640

イギリスがEUから離脱することが国民投票で決まりました。

日本人には直接関係のない話に思えますが、近々イギリス旅行を計画している人にとって次の2点は気になるはず。

それは

ポンドの為替

シェンゲン協定

ということで、イギリスがEUを離脱したことで日本人がイギリスへ旅行する時の影響と注意点について調べましました。

スポンサーリンク

イギリスのEU離脱決定でポンド安に

国民投票前はポンドは1ポンド=160円台前半でした。

しかし、投票の結果、イギリスがEUから離脱することが決まると一気にポンド安が進みました。

一時は1ポンド=133円付近までポンド安が進みました。

そして、今、この記事を書いている時で1ポンド=137円です。


イギリス旅行をする日本人にとって為替の影響を考えるのは大事なことです。

分かり安いように

1ポンド=160円

1ポンド=137円という

キリの良い数字で比較しましょう。


例えば、イギリスに旅行して1000ポンド使った場合

1ポンド=160円だと→16万円

1ポンド=137円だと→13.7万円

それぞれ日本円が減ることになります。

その差2.3万円

つまり為替が1ポンド=137円の時の方がイギリスへ旅行した時に費用が安くなります。


別の言い方をすると

イギリスへの旅行をお金・費用の影響面で見ると国民投票の前より国民投票の後に行った方が得だったということです。


国民投票前にイギリスへ旅行した人からすれば

「国民投票後に行っておけばよかった・・・」とも言えますね。

ですので、近々海外旅行を検討していて、その中にイギリスが候補にあるならイギリスへ旅行するよいチャンスかも知れません。

イギリスに旅行してみたいと思っていた人にとっても、今回のポンド安は良い機会かも知れません。

とにかく、今回のポンド安の影響で、今イギリスに行けば今までより安い費用で旅行ができるということです。


ただし、今回のポンド安がツアー会社のパック旅行の料金や航空券の料金に短期間で反映されることはありません。

今回のポンド安の影響による恩恵を一番受けるのは、現地でお金を日本円からポンドに両替えする機会の多い個人旅行者です。

スポンサーリンク

イギリスのEU離脱によるシェンゲン協定への影響は?

europe-636985_640


もしかしたら

「シェンゲン協定って何?」

という人もいるかも知れないので説明しておきます。


簡単に説明すると

シェンゲン協定に加盟している国から国への移動であれば国境でのパスポートチェックの必要はありません。

ほとんどのEU加盟国はシェンゲン協定に加盟しています。


例えば、ドイツからバスでフランスに移動する時も国境でのパスポートチェックがありませんので、

気がついたらフランス領に入ってた

なんてことが起こります。


ではイギリスの場合はどうなのか?

イギリスはEU加盟国なのに元々シェンゲン協定に入っていません。

ですから、他のEU加盟国からイギリスに入国する時はパスポートチェックが必要です。

それは今までも、これからも変わりません。

シェンゲン協定はEU加盟国同士での移動のついての協定なので、日本から直接イギリスに入国する時はパスポートチェックは必要です。


つまり、イギリスがEUから離脱して場合、シェンゲン協定にも日本からイギリスに旅行をする日本人にも何も影響はありません。



まとめ

イギリスがEUから離脱することが決まって、日本人に影響があることは1つ。

ポンド安の恩恵を受けられることだけです。

そもそもイギリスが本当にEUを離脱するのは数年先のことですからね。

詳しくはこちらに書いています。
イギリスがEUを離脱する時期はいつか?日本への影響について

ですので、できるだけ安くイギリス旅行をするということだけを考えると、イギリスのEU離脱のニュースによってポンドが安くなったことは良い機会だと言えます。

スポンサーリンク

-生活
-, , , , ,