たぶろいど

世の中知らないことだらけ・・・

漫画

アイアムアヒーローのZQNの読み方と意味は?その正体と目的を考察してみた!

hero

アイアムアヒーローに登場するZQNは、見た目はすでに人間ではなく、人を襲って噛みつくという習性を持っており、噛みつかれた者はいずれZQNになってしまう。

それはあたかもゾンビを想像させる生態であり、それゆえ連載当初のアイアムアヒーローはゾンビによる「パニック漫画」なんだと認識させられたくらいである。

2016年に公開された映画は残念ながらパニック映画の域を超えることはなかったが、原作の漫画を読み進めるうちにZQNはただのゾンビではないことは分かってきた。

そして、ZQNの正体の全体像とその目的はおぼろげながら分かってきた。

というわけで、アイアムアヒーローのZQNの正体とその目的を考察してみました。

そして、そもそものZQNの読み方とその意味を調べてみた。

スポンサーリンク

アイアムアヒーローのZQNの読み方と意味は?

連載当初は花沢健吾先生はZQNの読み方を特に決めていなかったようだ。

しかし、2014年に先生が出演したテレビ番組でZQNの読み方を聞かれることに。

この時まで特にZQNの読み方を決めていなかった先生は、その場にいた編集者と話し合いをしてZQNの読み方を

ズキュン

とすることに決めました。


しかし時は流れて2016年に映画が公開されることになり、その中でのZQNの読み方は

ゾキュン

となっていました。

こちらがその動画


理由は定かではないが、どこかのタイミングでZQNの読み方はズキュンからゾキュンに変わったようである。


ZQNとはいったいどういう意味なのか調べてみた。

アイアムアヒーローの中では、ネットの掲示板にZQNという言葉が登場しているので、てっきりネット住民が使うスラング的な言葉かと思ったがそうではなかった。

どうやら花沢先生が作った造語のようだ。

私が考察したところでは、ZQNは何かの言葉の頭文字を取ったのではないかと推測している。

例えばUFOが

U nidentified
F lying
O bject

の頭文字から取ったように。

しかし、漫画を呼んでいてこ今のところ頭文字説を予感させる描写は見当たらない。

今後、ZQNの語源が明らかになることを期待しよう。


アイアムアヒーローのZQNの生態

ZQNの正体を探る前に、連載当初からのZQNの生態・特徴を記しておこう。

ZQNの見た目は一目瞭然で人ではないと分かる。

関節は異様な方向に曲がり、血管が浮き出ており、程度の差はあれ体の腐敗は進んでいる。

人間だった頃の身体能力とパワーを超えた力を持っているが、中でも圧倒的な能力を持つ存在は戦闘型ZQNと呼ばれる。

人としての意識は喪失しており、もちろん意思疎通を図ることはできない。

呼吸はしておらず、脈はなく、臓器の活動は停止、つまり生物学的には死んでいる状態。

痛みを感じることはないようである。

大きな音に反応してその音の方へつられて動いていく習性がある。

人間時代の習慣をトレースする。例えば、会社員なら通勤時間になると電車でつり革を持つポーズを取り、スポーツ選手ならその運動をひたすら繰り返す。



生きている人間を見ると襲いかかり噛み付き、噛みつかれた人間もZQNになる。

噛みつかれた人間がZQNになるまでの時間は人によって違う。

ZQNになる人間はまず目の色が変わり次第に体中に血管が浮き出てくる。この時点で意識はほぼ人間のもので無くなり次第に呂律が回らなくなる。

感染ルートは、血液による感染である。

しかし、伊浦に関しては噛みつかれた形跡がないのに感染しているので、傷口からの飛沫感染でも感染する可能性はある。

銃で体を撃ちぬいても、高いところから落としても、ZQNの動きを止めることはできない。

ZQNの活動を停止させるには、今のところその頭を粉砕するしか方法がない。

スポンサーリンク

アイアムアヒーローの半感染者の存在

kurusu

ZQNに噛まれたのにZQN化せず半感染状態の者がいる。

それが
比呂美
初代クルス(感染ルート不明)
江崎崇(2代目クルス)
スコップの男
池袋サンライズビルの女
イタリアのパニーニ野郎

彼らの特徴は、人としての意識はあり、人を意思疎通を図ることができる。

人間としての生態反応を示す。

しかし、ずば抜けた身体能力をパワーと持っており、それはZQNとなんら変わらない。

ZQNに襲われることはない。

そして、この最近の連載を読んでいると英雄も半感染者ではないかと思える描写がいくつも見られる。

例えば、ZQNの共有意識に英雄もアクセスできている。英雄と比呂美が肉体関係を結んだ時にも二人は共にZQNの共有意識にアクセスしている。


ZQNの正体と目的とは

連載当初のZQNは、まさにゾンビの如く人間を襲って同じZQNを増やしまくっていたが、ただそれはZQNの無目的な欲望に任せた行動ではないようである。

その答えがイタリア編やスペイン編に垣間見える。


その前に日本のZQNの行動を考察してみよう。

ZQNが人間を噛み、それに伴いZQNが増えてくるとZQNは一つにまとり合体ZQNをして巨大化を図っている。

つまり、ZQNは合体して巨大化する必要があり、ZQNが人を襲うのは食料として人を食べているのではなくて、その目的は合体ZQNを作る材料を増やしていたのである。


イタリア編でイタリア紳士が言っていた宇宙人が地球を乗っ取る説が正しければ・・・・

ZQNは合体ZQNを作るための材料にすぎない。

合体ZQNは新しい生命体を作る装置(巣)になる。

新しい生命体を作るには女王蜂の役割をする存在が必要。

それがイタリア編でいうところの小さな少女であり、日本では言えば比呂美なのかもしれない。


スペイン編では、宇宙人の目的がかなり達成された状態が描かれており、合体ZQNと女王蜂が生み出したであろう生命体がいくつか登場している。

それが
頭と足だけのZQN
街をお掃除するZQN
など

きっと合体ZQNは、何かの目的にマッチした生命体を作ることができるのだろう。

ということで人を襲っていたZQNは合体ZQNを作る材料を増やすため、だたそれだけの存在だと思われる。

改めて半感染者の存在とは

イタリア編でイタリア紳士が、パニーニ野郎のことを変種と呼んでいる。

宇宙人にとっては、半感染者の存在がが想定外の出来事なら、地球を救うのも半感染者である英雄や比呂美であろう。

しかし、その反面、パニーニ野郎や2代目クルスの目的がまだ謎である。

いずれにしても半感染者の存在がアイアムアヒーローの物語の鍵の握っているのは確かである。

スポンサーリンク

-漫画
-, , , , , ,