たぶろいど

世の中知らないことだらけ・・・

生活

amazonパントリーとはプライム会員におすすめ!使い方とメリットは?

box-158523_640

2015年9月15日からamazonパントリーというサービスが始まりましたね。

私もこのサービスの存在は知っていたのですが、どんなサービスかはよく分かりませんでした。

いつもamazonで買い物をするたびに気が付けばamazonパントリーを利用しているな~という感じだったのです。

amazonパントリーとはプライム会員だけが利用できるサービスなんですね。


今回はamazonパントリーというサービスのことが良く分からないという方に、amazonパントリーとは一体どんなサービスなのか具体的に説明します。

そしてamazonパントリーの使い方とメリットも紹介します。

スポンサーリンク

amazonパントリーとは

amazonパントリーとは一体どんなサービスなのか説明すると

まず対象商品である日用品や食料品が通常価格より割安で購入できます。

それをパントリーboxという箱に入れるのですが、箱の大きさが決まっています。

その大きさは

52cm × 28cm × 36cmの容量

または12kgまで

この範囲内で割安の商品を詰め込むことができます。

しかし、各商品にはパントリーboxの使用率という数字が割り振られていて、パントリーboxの使用率が100%になるまで商品を1つの箱に詰め込むことができます。

100%を超えるとパントリーboxは2箱目に突入します。

パントリーboxが1箱に付き送料が290円かかります。


上記の説明をざっくりと一言で説明すると


日用品や食料品を割安価格で箱に詰めることができるけど、1箱に付き290円だけ送料をくださいね


ということです。


先程も書きましたがamazonパントリーはamazonのプライム会員が利用できるサービスです。


amazonパントリーで扱っている商品

amazonパントリーで扱っている商品を紹介します。


食料品・調味料・お菓子
食料品・調味料・お菓子



飲み物関係
飲み物関係



日用品
日用品



ヘルス&ビューティー
ヘルス&ビューティー



ペット用品・雑貨
ペット用品・雑貨

日常生活で普通に使う物の多くがamazonパントリーで手に入ります。

ちなみに、私は主にティッシュペーパーやトイレットペーパーや洗剤関係とか、飲み物関係など、店で買うと大きくて荷物になったり重いものをamazonパントリーで購入しています。


amazonパントリーの使い方

amazonパントリーの使い方はとっても簡単です。

まずamazonの検索窓の横の商品選択カテゴリーからamazonパントリーを選択します。

pantly



するとamazonパントリーの商品ページが表示さるので欲しい商品を探します。

ポテトチップ

パントリー対象商品には価格の横にパントリーと書かれています。


欲しい商品を順番にカートに入れていきます。

するとパントリーBoxの使用率が増えていきます。


使用率


1箱で終わらせたい時はパントリーBoxの使用率を100%以内に抑えます。

使用率100%を超えると2箱目に突入します(送料がさらに290円かかる)。


amazonパントリーの使い方を解説して動画がありましたのでこちらも参考にしてみてください。




amazonパントリーとはどれくらい安いのか

例えば、こちらの三ツ矢サイダー
三ツ矢サイダー

普通に買えば151円(税込み)です。

amazonパントリーで買うと85円です。

この三ツ矢サイダーのパントリーboxの使用率は5%なので

箱が100%になるまで20個買うことができます。

この三ツ矢サイダーをパントリーbox1箱分買うと1,700円です。

送料の290円を足すと合計1,990円。


これを普通の金額で20個買うと

151円×20個=3,020円


差額は3,020円-1,990円=1,030円となり、この三ツ矢サイダーをamazonパントリーで20個買うと、普通に買うより1,030円得します。




他の商品でも確認してみましょう。

例えばこちらのトイレッペーパー

トイレットペーパー

amazonパントリーだと331円

パントリーboxの使用率は24%なので4個買えます。

4個買って、送料の290円を足すと合計は1,614円


同じ商品がマツモトキヨシのネット販売で390円(税込み)で売っていました。

送料は540円です。

4個買った時の合計金額は2,100円です。


差額は2,100円-1,614円=486円となり、amazonパントリーで買った方が486円安く購入できます。


実際はいろんな商品をごちゃまぜにして買うことになるでしょうが、amazonパントリーで買い物をすると安くなるというイメージは伝わたと思います。


スポンサーリンク

amazonパントリーでよりお得に買う使い方

amazonパントリーでよりお得に買う使い方は、パントリーboxの使用率をより100%に近づけるということです。


上記の例でいうと、トイレッペーパーを1個だけ(パントリーboxの使用率24%だけしか使用しない)買うより、4個買って使用率を92%にした方がよりお得でamazonパントリーのメリットを活用していることになります。


もっと言うと、残りの8%分で何か必要なものがあれば一緒に買った方がさらにお得になります。


私は、ト
イレットペーパーやティッシュペーパーのストックが無くなってきた時にamazonパントリーで購入して補充します。

その時はできるだけ100%に近づけるように意識します。


もし数%でも箱のスペースが余れば歯磨き粉とかシャンプーの詰め替えなどを購してできるだけ使用率を100%に近づけます。

歯磨き粉とかシャンプーはいつかは必ず使う日用品なので無駄に買ってしまうことはありませんからね。


amazonパントリーの送料を無料にする方法

ある条件を満たすと送料の290円が無料になります。

それはamazonパントリーのキャンペーンを利用する方法です。

例えば、この記事を書いている時はちょうどこんなキャンペーンがありました。


対象商品を5点以上買うと送料290円が無料。
まとめて割引


また別の日にはこんなキャンペーンがありました。

5品買うと送料290円が無料。
5品買うと無料でお届け


送料が無料になるキャンペーンの内容とその期間は各キャンペーンによって異なります。

amazonパントリーを利用する時は必ずチェックすることをオススメします。


まとめ

amazonパントリーが高いか安いかと言えば、おおむね安いのは間違いありません。

ただ、もしかしたらAという商品はBという店が安かったり、Cという商品はDという店の方が安いかもしれません。


しかし、安かったとしても数十円とかの差だと思いますし、その店を探し出すまでに時間がかかります。


それって、奥様が10円でも安い野菜を求めて時間をかけて隣町のスーパーまで買い物に行くようなものです。


そんなことをするくらいなら数分で買い物が終わるamazonパントリーを利用した方が合理的ですね。


amazonパントリーを利用すには年会費3,900円(税込)を払ってプライム会員になる必要がありますが、日頃から日用品をネットで買っている方はメリットがあると思います。


ということで、私は日用品をネットで買うならamazonパントリーの利用をオススメします。


この記事が参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

-生活
-, , , ,