たぶろいど

世の中知らないことだらけ・・・

漫画

アイアムアヒーロー248話(36号)のネタバレとあらすじ!感想と考察!

2016/08/22

アイアムアヒーロー248話のネタバレとあらすじ

屋上にヘリがあるのを確認できた苫米地は思わず「本当にヘリがった・・・」と呟いた。さすがの苫米地も本当にヘリが存在するのかどうか不安だったのだろう。


苫米地の目的はヘリで脱出すること。その実現可能性をリアルに実感できて本性の一部が垣間見える。春樹やキズキと一緒にいる価値はもうないと結論を下す。自分が脱出できればあとはどうでも良いようだ。

スポンサーリンク

ビルの中に火災が発生している。合体ZQNの目的はこのビルを巣の基礎につもりである。合体ZQNの中の名も無き集積脳は、この火災をなんとかしないと巣にするこのビルが瓦解してしまうことを理解しており、なんとか延焼を食い止める方法を模索する。


そして実際に合体ZQNの触手がビル内のいたるところに侵入し消火器を使って消化作業にあたっている。しかし火災の規模が大きくなりつつあり消火器だけではどうやら間に合わないようである。



一方、春樹と桐谷の戦いはというと・・・。桐谷劣勢、すでにZQN化が始まっている可能性がある。


しかし、マスクを被っているので桐谷の顔が見えない。春樹は桐谷がZQN化しているのかまだ確信できないからなのか、それともただ単に殺し合いを楽しんでいるだけなのか戦いを止めようとしない。


春樹のナイフが桐谷の腹に深く突き刺さる。春樹もこれで桐谷のZQN化を確信したはず。


しかし桐谷はナイフを持っている春樹の腕をグッと掴み、春樹の防御ミットに刺さっているナイフを抜いてそれを春樹の首を刺す。


数センチは刺さっている。これで春樹のZQN化が決定的になる。マスクが取れた桐谷の顔を見るとすでにZQN化が始まっている。



そしてコロリ一派が屋上に到着する。

スポンサーリンク

アイアムアヒーロー248話の感想と考察

やはり春樹にはバッドエンディングが用意されていましたね。春樹の性質を考えるとかなりやっかいな攻撃型ZQNになりそうな予感。登場人物の誰かがZQNとなった春樹に殺られたりして・・・


合体ZQNは、見た目は異様だがちゃんと外界の様子を現実的に把握できる知性を持っているようです。

名も無き集積脳が「ZQNども・・・」と言ってZQNという言葉を使っていたことに何故?と思いましたが、合体ZQNは元々は元人間の集まりなのでZQNという言葉を使うのは当たり前なんですよね。

「ZQNども」ということは合体ZQNは自分自身のことをZQNとは異なる存在と理解しているのでしょう。

スポンサーリンク

-漫画
-, , , , , ,