たぶろいど

世の中知らないことだらけ・・・

生活

パスポートの住所変更手続きの必要書類について!料金はいくら?

パスポート

引越しをすると運転免許証などの身分証明書の住所変更手続きが必要ですよね。

とっても面倒ですよね。

だからという訳ではありませんが意外と忘れてしまうのはパスポートの住所変更手続きです。


免許証が無くてパスポートを身分証明書として使っている人もいるでしょう。

旅行に行く直前に住所変更していなかったことに気付く人もいるでしょう。

これから旅行に行こうかという時に気付いたら、ちょっと焦りますよね。


ということで、パスポートの住所変更の手続きに関して、

必要書類はいるのか?

料金はいくらなのか?

そもそもパスポートの住所変更の手続きは必要なのか?

調べてみました。

スポンサーリンク

実はパスポートの住所変更の手続きは必要なかった

まず意外な結論を述べますと・・・・

実は、引越しをして住所が変更になっても住所変更の手続きは必要はありません。


そもそもパスポートには現住所を記入する箇所はありません。

だから住所変更の手続き自体存在しません。


ただし、パスポートには所持人記入欄があり、そこに現住所を手書きで書き込むことができます。

(ちなみにここに現住所を記載しなければならないという決まりはありません。)

所持人記入欄に旧住所を書いている人は、そこを二重線で消して余白に新しい住所を手書きで書いておきましょう。


そもそも所持人記入欄に住所が書いていなくて空欄でも、または旧住所のままでも全然大丈夫です。

海外旅行に行った時のパスポートチェックで調べられることもありません。


パスポートの所持人記入欄に現住所を書く理由は?

パスポート

所持人記入欄には、名前と現住所と電話番号を書くことができます。

所持人記入欄に現住所を書いておけば、日本でパスポートを落とした時に自分の手元に戻ってくる確率が高くなります。

警察に届いたいたら現住所を伝えることで自分のパスポートだと証明できます。

もし電話番号を書いていれば拾った人が電話してくれるかもしれませんしね。


ちなみに事故の場合の連絡先を記入する欄があるので、ここに家族の連絡先を書いておくこともできます。


スポンサーリンク

どんな時に住所変更の手続きが必要か

パスポートに記載の本籍に変更があった時に変更手続きが必要です。

ただし同じ都道府県内で引越しをした時は変更の手続きは必要ありません。

なぜなら、パスポートの本籍は都道府県の記載までしか記載がないからです。

東京都港区に住んでいても、東京都立川市に住んでいても、パスポートの本籍の記載は「東京都」だけです。

違う都道府県に住所が変われば変更手続きが必要です。


ちなみに、結婚、離婚などで氏名が変わった時も変更手続きが必要です。


手続きの方法は2種類あり、それぞれの方法で料金が異なります。


■新規パスポート発行

1つ目は新規でパスポートを発行する方法です。

その時の料金は普通に新規でパスポートを発行する時と同じです。

10年間有効のパスポート
16,000円

5年間有効のパスポート(12歳以上)
11,000円

5年間有効のパスポート(12歳未満)
6,000円



■記載事項変更旅行券を発行

2つ目は、記載事項変更旅行券というパスポートを発行する方法です。
(平成26年3月20日から)

料金は一律6,000円です。



どちらもそれまで使っていたパスポートは返納し、パスポートが新しくなるということは同じです。

違いは、記載事項変更旅行券の有効期限は返納前のパスポートの続きになるということ。

例えば有効期限が残り2年のパスポートを記載事項変更旅行券にした場合は、新しいパスポートの有効期限も2年となります。


詳細は下記をご確認ください。


パスポート.pdf

料金について言えることは、新しく作ったばかりのパスポートで記載事項の変更をするなら記載事項変更旅行券、有効期限が残り少ないパスポートなら新規で新しくパスポートを作り直した方が得だということです。


本籍変更手続きの必要書類

本籍を含む記載事項に変更があった場合の必要書類を説明します。

「新規発行」と「記載事項変更旅行券」、それぞれの必要書類は異なります。


新規発行の場合

一般旅券発給申請書(窓口にあります)

戸籍謄本または戸籍抄本の原本

写真(縦45ミリメートル×横35ミリメートル)

本人確認書類

返納前のパスポート



記載事項変更旅行券の場合

記載事項変更用の申請書(窓口にあります)

戸籍謄本または戸籍抄本の原本

写真(縦45ミリメートル×横35ミリメートル)

返納前のパスポート



■注意■

どちらでパスポートを発行してもパスポート番号は変わります。

即日発行はできません。後日窓口で受け取ります。

代理人による申請の手続きは可能ですが、受取は本人のみ可。


パスポート発行手続きについては、こちらでも説明していますので参考にしてみてください。


まとめ

引越しをして現住所が変更になった場合、パスポートの現住所の変更の手続きの必要はありません。

本籍が変更になった場合は、記載事項の変更の手続きが必要です。

もし結婚して本籍と氏名が変わって、パスポートの名前が旧姓、かつ航空券の名前が新姓の場合、「名前が違う」という理由で飛行機に乗れなくなるので注意してください。

この記事が参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

-生活
-, , , ,