たぶろいど

世の中知らないことだらけ・・・

漫画

アイアムアヒーロー249話(39号)のネタバレとあらすじ!感想と考察

アイアムアヒーロー249話のネタバレとあらすじ

3週間ぶりの連載ですね。

比呂美を助けるつもりで合体ZQNに銃弾を打ち込む英雄だが、比呂美には自分が攻撃されているようにしか思いない。

合体ZQNの中の比呂美の姿はどんどん醜くなっていき、もはや比呂美の原型はとどめていない。

比呂美の発言もどんどん醜くなっていく。

「樹海で救ってあげたのに・・・」

「助けてあげたのに・・・」

「あの女によそ見しやがって」

「自分の手を汚せないくせにあたしが殺してやったら悪者扱ってなんだよ」

これが比呂美の本音なのか。

スポンサーリンク

やっと屋上に到達したコロリ隊一行。しかし、屋上で何が起こっているかまだ把握できないでいる。そして、遠くで聞こえる何かしらの音。英雄の銃声である。


同じく屋上にいる苫米地とキズキも英雄の銃声に気付いたようである。そしと苫米地はその音がハンドガンではなくてライフルと見破る。さすが苫米地。武装した人間(英雄)がいることを一瞬で理解する。


そんな苫米地の目の前の目的はヘリコプターで逃げること。みんなを見捨てて1人で行ってしまいそうな勢いだがキズキがストップをかける。ZQNの血がべっとりついたナイフを苫米地に突きつけて、一人だけ抜け駆けするのを許さない。春樹はもう人間ではないけれど。



英雄は合体ZQNに銃を打ち続ける。

ギシギシ、メリメリとうごめく合体ZQN。

それはあたかも合体ZQNにダメージを与えているようにも見える。

英雄
「よし、効いている!! っぽい!!」

英雄は合体ZQNに銃を打ち続けるとどうなると思っているのだろうか?

ダメージを与えているのは比呂美であって、合体ZQNであることに気づいていない。

とは言っても今の英雄にできることはこれくらいしかないのが実情である。


英雄は向かいのサンライズビルの屋上にヘリコプターを発見する。しかし、英雄はヘリコプターを運転をすることができない。屋上で起こっていることを知らない英雄には意味のない発見である。

と、その時、小田の妹ZQNが英雄の元へ戻ってきた。というか逃げてきたといった方が正しいかもしれない。右腕を失っている。英雄を助けるために戦い失ってしまったのか。それを察知したのか、英雄は彼女へこっちへ来いと呼びかける。英雄と彼女は追い込まれることに。

スポンサーリンク

アイアムアヒーロー249話の感想と考察

キズキがZQNのナイフで苫米地を脅すとは、彼女も春樹と同じく池袋まで来るまでに相当過酷な経験をしたようある。これくらいできないと池袋まで生きてこれなかったのだろう。


男と女の三角関係というと感情のもつれは、これほど根深いものなのか。英雄、比呂美、小田の関係は男女のよくある光景そのもの。こんな状態になってもそのことをネチネチ言ってくる比呂美は相当女の子なんだろう。原因を作っているのは英雄であるところが世の男性と共通するところかもしれない。


英雄はまた危機的状況に追い込まれてしまった。さっきは小田の妹に助けてもらったが、その彼女は右腕を失い英雄を助けるところではない。英雄が小田の妹を助けることで比呂美の嫉妬がさらにヒートアップすることはないだろうか?


次号発売の40号は連載あります。

スポンサーリンク

-漫画
-, , , , , ,