たぶろいど

世の中知らないことだらけ・・・

行事

七五三の母親の服装について!スーツでも着物でも何でも良い!

七五三

七五三の主役はもちろん子供ですよね。

だから「一生の思い出だから!」とか理由をつけて、子供に立派な服装を用意をしてあげたくなりますよね。

でも、私なんか大人になった今では七五三の思い出なんて全く覚えていませんよ(笑)

ゴメンなさいって感じです。

でも逆に覚えている人っていますかね?


親は子供のために立派な服装を用意してあげますが、ほとんどの子供ってよほど変じゃない限り自分の服装に興味がありませんよ・・・

大人になって七五三の写真を見ても

「へー」みたいな。

親からしたら「へーとは何だ!」と言いたくなりますが、子供ってそんなものです。

スポンサーリンク

むしろ七五三の時に自分の事を色々気にしているのは母親だったりします。

特に頭を悩ますのは服装ですよね。

スーツがいいのかな?

だとしたらどんな感じが良いのかな?

着物じゃないとダメなの?

母親になって初めての七五三だと分からないことだらけです。


ということで七五三の母親の服装についてまとめました。


七五三の母親の服装選びで大事なこと

試着
どんなスーツがいいとか

こんな着物がいいとか

そんなことよりもっと気にすることがあるんです。

それは

子供より目立たない

旦那とのバランスを考える

この2つです。


あくまでも七五三の主役は子供ですからね。母親が子供より目立つのはやっぱり良くありません。

母親が派手でも子供はなんとも思わないというか何も分からないでしょうが、傍から見れば子供が可哀想に見えるし、写真を取った時に母親が目立つのはいかがなものかと思います。


それから旦那さんとの服装のバランスも意識する様に言われています。

例えば、母親が礼服のようなブラックフォーマルなのに、父親がビジネススーツを着ている、またはその逆。

または母親がフォーマル系に対して、父親がカジュアル系とか。

とにかく母親と父親の服装のバランスを揃えようと。

そのためには、服装に関しては旦那さんとちゃんと相談する必要があります。


あと、これはNGですという格好を紹介すると・・・・

肌の露出が多い

スカートの丈が短い

サンダル

ジーンズのような普段着

とにかく派手

まあ、一言でいうと一般常識で考えれば分かるようなことですよね。

ということで七五三の母親の服装選びでまず大事なことは

子供より目立たない

旦那とのバランスを考える

NGな服装を避ける

ということです。


七五三の母親の服装は何でも良い

七五三の母親の服装ですが、上記で説明したことを守れば、基本的に

スーツ系でも着物でもどちらでも構いません!

先程も書きましたが主役は母親ではなく子供です。

それに悲しいことに誰も母親の服装なんか見ていませんよ(笑)

そもそも七五三にはこの服じゃいないとダメ!みたいな明確な決まりはありませんからね。

昔はそういう暗黙の決まりみたいものがあったかもしれませんが、今はそのあたりは緩くなっています。

時代の流れなんでしょうけど。

スポンサーリンク

実際のところ父親と母親の服装のバランスに関してそれほど神経質に合わせている感じはしません。

試しに「七五三 家族写真」で画像検索するとたくさんの七五三の家族写真を見ることができます。

すると、母親が着物で父親が普通のスーツとか、家族全員ちょっとお洒落なカジュアルな服装で揃えていたり・・・

と、そんなに厳格な感じではなくて、気軽な感じの服装をしている家族写真をたくさん見つけることができます。


ということで服装に関してはそんなにガチガチに考えなくても大丈夫です。


それぞれの服装のメリットとデメリット

七五三

繰り返しになりますが、服装はスーツ系でも着物でもどちらでも構いません。

ただ、それぞれにメリットとデメリットがあるので説明しましょう!


■ブラックフォーマル
いわゆる礼服です。礼服は、1着買っておけば冠婚葬祭いろいろなシーンで使えるのが嬉しいですね。もしかしたら結婚した時に買ってる人もいるかもしれませんね。

子供の行事なら入学式卒業式にも着ることができます。でも、参観日とかにはちょっと合わないです。

まだ持っていないならこの機会に買っても良いと思いますが、少し値段が高めということと、太ってしまうと着れなくなってしまう不安があります。

だいたいの母親は太ってしまうんでね(笑)


■カジュアルスーツ
カジュアルスーツは礼服と違い比較的安く買うことができますよね。

使えるシーンも結婚式とか、学校の行事だと参観日などちょっとしたオフィシャルな場に着ていくことができます。使える機会が多いです。

七五三だと旦那のスーツと合わせやすいので一番手軽な服装だと思います。

ただしカジュアル系は流行りがあるので、数年後には着れないとか当たり前ですよね。

でも、悲しいですが年齢とともに体型が変わる母親は定期的に服を買わないといけないので丁度良いかもしれませんね(笑)



■着物
着物の良いところは、七五三に格式を持たせることができて家族写真を取った時に立派な写真が残ることです。

あと母親が着物を着ると父親も和装で合わせないといけない気がしますが、旦那さんはスーツで母親だけ着物を着るケースは意外と多いです。

母親と父親のバランスが・・・なんて言われますが、今はあまり気にする人はいなくて、実際の写真を見ても違和感がないんですよね。

なので旦那が和装を面倒くさがっても自分だけ着物にしたければ着物を着れば良いのです。

それから着物は別に買う必要はありません。レンタルで済ませれば良いのです。安いところだと1万円くらいからレンタルしています。

デメリットとしては着付けが面倒なことくらいでしょうか。


まとめ

個人的な意見も入りますが、七五三で着る母親の服装は、それほど神経質にこだわる必要はないと思います。

繰り返しになりますが、誰も母親の服装を注意してみてませんからね。

せめて気をつけるべきは、子供より目立たないってことです。

母親と父親のバランスを揃えるように言われていますが、これもそれほど気にする必要はないと思います。

ということで、七五三の服装というと縛りがキツイように思うのですが実際には結構自由なんです。

気楽に考えて大丈夫です!

この記事が参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

-行事
-, , , ,