たぶろいど

世の中知らないことだらけ・・・

漫画

アイアムアヒーロー250話(40号)のネタバレとあらすじ!感想と考察

アイアムアヒーロー250話のネタバレとあらすじ

追い詰められた英雄と小田の妹。

英雄達はクレーンの上に登るしか逃げ道は残されていない。

英雄は小田の妹に

「足もと気を付けてな。」

と気遣う言葉をかける。

英雄がZQNにそんな言葉をかけることになるとは。こんな状況でも英雄は小田の妹が自分を守ってくれたことを感謝しているのだろう。

そして、クレーンの上で英雄はとうとう観念したのか、人生を締めくくるかのようなことを語り始めた。

確かに、比呂美も戻ってくる見込みがなさそうだし、生きてる人間は自分一人だけかもしれないという状況。

必死に生き残って意味があるのかと考えてしまうのも当然である。

しかし、小田の妹がすでに死んでいるのに必死に戦っている姿を見て、もう少し頑張ってみようと思いなおす。

ただ、それはどうせ死ぬんだしというある意味開き直りに近い思いからだった。

スポンサーリンク

すると、そう思ったのが功を奏したのか、英雄がスコープで向かいのサンライズビルを覗くと屋上にZQNではなく明らかに人間だと分かる複数の人物の姿を発見。

そこにはコロリの姿も・・・

しかしコロリはマスクを被っているので英雄には彼がコロリであることに気付いていない。

スポンサーリンク

アイアムアヒーロー250話の感想と考察

英雄の生き残ろうとする目的は比呂美だったはず。

しかし、この状況で比呂美が戻ってくる可能性は低く、英雄はこのまま一人で生き残っていても意味がないと悟ったのです。だから、死んでもいいと生きることを諦めたのでしょう。

しかし、向かいの屋上に人間がいると知った英雄。一度は完全に消えかけた希望の火が復活したように見えました。

しかも、英雄はまが気付いていないが生きている中の一人がコロリという奇跡。

ZQNが現れる前に知っていた人物にこの状況で会えるのは嬉しいことのはずですが、それがコロリですからね。

英雄は複雑な心境かもしれません。


やっと屋上に役者が揃いつつありますが、まだ苫米地とキズキもいないし、きっとZQN化した春樹も絡んでくるはず。


そして、今週号の最期のコマはコロリと来栖のショットです。これって単行本の表紙の絵の構図です。

hero


次号からはコロリと来栖のバトルが繰り広げられる予感です。

よくよくこの表紙を見るとヘリが飛んでいます。

運転しているのは苫米地なのか?

それともまさかの浅田なのか?

来週の次号(41号)も連載あります。

スポンサーリンク

-漫画
-, , , , , ,