たぶろいど

世の中知らないことだらけ・・・

行事

男の子の七五三はいつ何歳でするの?袴とスーツどちらが良いか?

七五三

七五三とは、子供の成長と健康に感謝しお祝いする行事です。

七五三の時期になると、家族で近くの神社に参拝し、千歳飴を食べて、家族写真を撮るという流れが一般的ですが、時代が進むにつれて七五三の格式張った感じは無くなってきているようです。

かといって、七五三をやらないという家族はまだ少数派のようで、七五三の時期になると神社は参拝する家族連れで賑わいます。

男の子を育てる母親にとって最初に七五三を意識するのは、子供が三歳になった時でしょう。

実は男の子と女の子は七五三でお祝いする年齢が異なります。

今回は

男の子の七五三のお祝いはいつ何歳でするのか

という疑問にお答えてしていきます。

スポンサーリンク

男の子の七五三はいつ何歳でするのか?

七五三という名称から七歳と五歳と三歳の時のお祝いということは誰でも想像できますが、男の子と女の子ではお祝いする年齢が違うのです。

男の子は五歳 でお祝いします。

ちなみに女の子は、三歳と七歳でお祝いします。

地域によっては男の子でも三歳で七五三のお祝いをするところもあるようですが、これは地域差であったり、家庭ごとの判断によって変わってきます。

なので男の子が三歳でもお祝いをしたければ、してあげたら良いのです。

決まりなんてありませんから。

ただ、今は男の子は五歳の時だけ七五三のお祝いをする方が主流のようです。


五歳ってどの時点で五歳のこと?

七五三

男の子は五歳ということは分かりましたが、

どの時点で五歳でないといけないの?

七五三の時に五歳になっていないといけないの?

数え歳って聞いたことあるけど?


とか

要するに五歳の基準がいまいちはっきりしませんよね。



まず数え年と満年齢の違いを説明しましょう。

満年齢
生まれた時を0歳として1年後の誕生日を迎えるごとに1歳ずつ歳が増えていく。ご存知の通り今は満年齢で歳を数えています。

数え年
生まれた時を1歳として正月を迎える度に1歳ずつ歳が増えていく。

例えば12月31日に生まれた子は、翌日の1月1日に2歳になります。

昔は数え年で七五三の年齢を数えていたようですが、現在は満年齢で判断しています。

まあ、よくよく考えれば当たり前の話ですよね。


次にどの時点で五歳であれば良いかということですが

2016年の七五三であれば、2011年生まれの男の子が

2017年の七五三であれば、2012年生まれの男の子が

該当するとされています。


ただし、あくまでも一般的にそう言われているだけなので決まりはありません。


例えば2012年に1月~3月に生まれた、いわゆる早生まれと言われる男の子だと2017年の1月~3月には五歳になります。

七五三の時期は11月とされていますから、七五三のすぐ後に五歳になります。

ですのでこのようなお子さんは2016年に七五三のお祝いをしても構いません。

例えば、早生まれの男の子と七歳になる女の子の姉弟がいるなら一緒に七五三のお祝いをしても良いと思います。

そのあたりは家族の状況を踏まえて柔軟に考えましょう。


七五三はいつお祝いするのか

七五三

七五三のお祝いは本来11月15日に行われる行事でした。

しかし、今は七五三は11月15日でなくても構いません。

神社が混み合う時期を避けたり

寒くなる前に済ませたり

親の仕事の都合に合わせたり

写真館の料金が安いタイミングに合わせたり

いろいろな理由で11月15日を外すケースが増えています。

早いところでは10月中にお祝いしたり、遅いところでは11月の後半にお祝いしたりします。

これも決まりはないので各家庭の状況によって丁度良い日程を組めば良いと思います。

スポンサーリンク

男の子の七五三の服装は袴かスーツか

七五三の時の男の子の服装ですが、袴でもスーツでもどちらでも構いません。

これも決まりはありません。

ただ、実際は袴を着ている男の子の方が明らかに多いですね。

なぜかというと、これは私の想像ですがお母さんが男の子に袴を着せたがるんだと思います。

五歳の男の子の袴を着た姿は、可愛くて、しかもカッコイイです(笑)

かわいい我が子に袴を着せたがるのは自然なことだと思います。

ちなみに母親も服装が気になると思います。

そんな方はこちらの記事をどうぞ!
↓↓↓
七五三の母親の服装について!スーツでも着物でも何でも良い!


七五三の衣装の費用面の比較

七五三の衣装を

袴かスーツか

購入かレンタルか

それぞれの点から比較しましょう。


袴のレンタル
1万円以内である

袴の購入
1万円~2万円くらいはする

スーツのレンタルと購入
どちらも5千円前後である


スーツと袴の比較だと袴の方が高くなり、

袴のレンタルと購入ではレンタルの方が安くなります。

最近のレンタルは店に借りにいかなくてもネット上でオーダーすれば送ってくれます。

楽天市場などで検索すればたくさんのショップを見つけることができます。


袴もスーツも購入しても子供に着せる機会はほとんどありませんし、子供の成長は早いので1回だけ着て終わってしまうことになるケースが多いです。

ですので基本はレンタルで良いでしょう。

ただ、弟がいるのであればお下がりで使い回しができるので購入という選択肢もありです。



あとは写真館で写真の撮影をするなら衣装のレンタルサービスがあります。

この場合は写真を撮る時だけ袴かスーツの衣装を着ることになります。

着付けなどが面倒でとにかく楽をするなら写真館のレンタルサービスを利用しても良いでしょう。


まとめ

七五三について絶対にこうでなければならないというルールはないんですよね。

ですので、ある程度の決まりは理解しつつ各家庭の状況に応じて臨機応変に対処していけば良いのでないでしょうか。

七五三の目的である子供の成長と健康を祝う気持ちがあれば細かいところはそれほど気にする必要は無いと思います。

スポンサーリンク

-行事
-, , , , ,