たぶろいど

世の中知らないことだらけ・・・

季節

永観堂の紅葉のライトアップ!見頃と混雑状況とアクセス

%e3%82%82%e3%81%bf%e3%81%98

永観堂は、「もみじの永観堂」と呼ばれるほど京都の中でも有数の紅葉の鑑賞スポットなんです。

敷地内には約3000本の紅葉の木が植えられていて、秋になると辺り一帯が紅葉だらけになり、それらが永観堂の景色を紅く染め上げます。

しかも、永観堂では紅葉の時期になると特別拝観によるライトアップが行われ、夜、ライトに照らされた幻想的な景観を鑑賞するために多くの人々が訪れます。

京都には、紅葉の鑑賞スポットがいつくかありますが、永観堂は別格だという人もいるくらいです。


ということで今回はそんな永観堂の

  • 紅葉の見頃
  • 紅葉のライトアップの日程と時間
  • 場所とアクセス
  • 混雑状況と巡り方
  • 近くの観光スポット

  • をまとめたので紹介します。

    スポンサーリンク

    永観堂の紅葉の見頃

    永観堂の紅葉の見頃は、その年の天気や気温によって多少のずれはありますが、だいたい11月中旬〜11月下旬 にかけてです。

    この時期に合わせて永観堂では特別拝観によるライトアップが行われます。

    %e7%b4%85%e8%91%89


    永観堂の紅葉のライトアップの日程と時間

    《永観堂の紅葉のライトアップ》

    日程:2016年11月8日(火)~12月4日(日)

    時間:17:30~20:30(に受付終了、21:00に閉門)

    料金:中学生以上600円


    同じ期間の日中に寺宝展という行事が行われています。

    寺宝展は、重要文化財の展示を見ることのできる行事で、寺宝展がある日中にも永観堂の敷地内の紅葉の鑑賞は可能です。


    《寺宝展》

    日程:2016年11月8日(土)~12月4日(木)(ライトアップと同じ日程)

    時間:9:00~16:00(に受付終了、17:00に閉門)

    料金:一般1,000円 小・中・高600円

    寺宝展とライトアップは入替制なので、寺宝展で永観堂の中に入った人がそのままライトアップを鑑賞することはできないのでご注意ください。

    %e7%b4%85%e8%91%89

    永観堂の場所とアクセス

    住所:京都府京都市左京区永観堂町48

    TEL:075-761-0007

    永観堂は京都市内にあり、近くは八坂神社などがあり、遠方からのアクセスも非常に良い場所にあります。





    《公共交通機関を利用する場合》

    ・JR京都駅から市バス5系統で「南禅寺永観堂道」下車、徒歩3分

    ・JR京都駅から市バス100系統で「東天王町」下車、徒歩8分。

    ・地下鉄烏丸線「京都」から、「烏丸御池」にて地下鉄東西線六地蔵方面行き乗り換え、「蹴上」下車、徒歩15分

    ・京阪電車「三条」から市バス5系統で「南禅寺永観堂道」下車、徒歩3分。

    ・京阪電車「神宮丸太町」から市バス204、93系統「東天王町」下車、徒歩8分


    電車の駅から永観堂までは距離があるので、バスを利用する方が近くまで行くことができます。

    ただ、バスだと交通渋滞で到着に時間がかかる場合があったり、バスの乗り方自体が良く分からないという方もいるでしょう。

    その場合は、駅から永観堂まで距離はありますが、素直に電車で蹴上駅まで行ってそこから歩いた方が無難ですね。

    おそらく永観堂を目指す人は多いと思うので道に迷うことはないでしょう。


    《車で来場される場合の駐車場》

    ・岡崎公園駐車場

    住所:京都市左京区岡崎最勝寺町63

    営業時間:7:30~23:00

    料金:最初の1時間500円、以降30毎に200円。1日上限料金1,300(日祝除く)

    駐車可能台数:506台

    駐車できる車の台数は充分ですが、ここから永観堂まで徒歩で15~20分ほどかかるのでご注意ください。


    スポンサーリンク

    永観堂のライトアップの混雑状況

    永観堂は、京都市内にあるという立地の良さ、そして京都でも有数の紅葉の鑑賞スポットなので、ライトアップを目的に多くの方が訪れます。

    ただ、特に混雑するのは永観堂の中に入るまでで、一旦中に入れば比較的自由に動き回れます。

    ですが、特に混雑している時間帯や時期をずらすことである程度混雑の煩わしさを避けることができます。


    《混雑する時間帯》

    17時半が開門ですが、その直前は順番待ちの行列が一番出来ています。本当に混雑する時だと、中に入るまでに1時間近くかかってしまいます。

    できるだけ混雑を避けるなら19時以降に行くと良いでしょう。閉門が21時なので、永観堂を周る時間は充分あります。


    《混雑する時期》

    やはり土日祝日は混雑します。

    そして、永観堂の紅葉のライトアップの最終日に近づけは近づく程、混雑することが予想されます。

    特に2016年の最終日は12月4日の日曜日です。間違いなく混雑するので、この日に行くことはおすすめしません。

    行くとすれば平日が良いですね。人があまり多くなくゆっくり紅葉のライトアップを鑑賞できます。


    永観堂の巡り方

    永観堂にはたくさんのお堂などの建築物があり、それを観て周るだけでも価値がありますが、紅葉の時期の永観堂はとにかく紅葉だらけで目にするものすべてが見所と言っても良いくらい。

    その中でもぜひ観て欲しいのが・・・


    敷地の中ほどにある放生池
    %e6%94%be%e7%94%9f%e6%b1%a0


    御影堂の手前にある紅葉のトンネル
    %e3%82%82%e3%81%bf%e3%81%98%e3%83%88%e3%83%b3%e3%83%8d%e3%83%ab



    敷地の一番奥の一番高いところにある多宝塔
    %e5%a4%9a%e5%ae%9d%e5%a1%94


    永観堂を訪れた時は途中で満足せず、絶対に一番奥にある多宝塔を目指して欲しいですね。


    ちなみに、永観堂の紅葉のライトアップに行く時は寒さ対策を忘れずに。

    思った以上に寒くなりますので、普段以上の寒さに耐える服装で行かれることをおすすめします。


    永観堂近くの観光スポット

    %e6%b8%85%e6%b0%b4%e5%af%ba

    永観堂の紅葉は日中も夜もどちらもおすすめなんですが

    永観堂の紅葉は夜間のライトアップだけで良い

    という方は、日中は他の観光スポットを巡ってはいかかでしょうか?

    京都だけに観光できる場所には困りません!


    ちなみに永観堂周辺の観光スポットは・・・

    ・八坂神社
    ・哲学の道
    ・平安神宮
    ・円山公園
    ・京都市美術館
    ・清水寺
    ・先斗町
    ・二条城

    など。

    まあ、京都で有名な観光地はほぼカバーできる場所に永観堂はあるということですね。

    まとめ

    永観堂の紅葉は日中も良いですが、できれば夜のライトアップの紅葉を観ることをおすすめします。

    1日京都観光するなら日中は別の場所に行って、夜に永観堂の紅葉のライトアップで締めるという流れはいかがでしょうか。

    ただし土日祝日は、永観堂の中に入るまでに混雑が予想されるので、あえて遅めに訪れた方が混雑に巻き込まれない確率が高くなりますよ。

    そして永観堂の敷地内に入ったら、ぜひ一番奥にある多宝塔まで行ってくださいね!

    以上、永観堂の紅葉のライトアップの紹介でした!

    スポンサーリンク

    -季節
    -, , , , ,