たぶろいど

世の中知らないことだらけ・・・

生活

学校を休む理由は無難にしよう!法事や風邪以外の方法を紹介!

%e6%82%a9%e3%82%80%e5%a5%b3%e6%80%a7

学校を休みたいなあ・・・

朝、ベットの中で目を覚ますと、ふとそんな事が頭の中に浮かぶことってありますよね。

誰にでも、そんな日ってあります。

もしかしたら毎日思っているかも(笑)


でも・・・

ほんとうに、ほんと~に今日はどうしても行きたくない

って日が、たま~にあります。

もしかしたら、前日の夜から思っているかもしれない・・・

スポンサーリンク

そしたら何かしらの理由をつけて学校を休むしかないです。

そんな時、学校を休むための理由を考えないといけないですが、使いやすい理由使いにくい理由があるんです。

どうせなら確実に安心して学校を休みたいですよね(笑)

ということで今回は学校を休む時に使いやすい理由使いにくい理由をまとめました。


学校を休むのに使いにくい理由

%e4%bd%93%e6%b8%a9%e8%a8%88

使えない理由その1 法事》

なぜなら学校を休むには親にも学校を休むことを信じさせないといけないですよね。

そして、学校に休みの連絡を入れるのは基本的に親です。

法事とは、身内に不幸があってお通夜や葬式に行くこと。


親に

「法事で学校に行けないって電話して」

なんて言えませんよね。


法事は、社会人になった大人がたまに使うズル休みの理由です。

社会人になった時のために覚えておきましょう(笑)



《使えない理由その2 風邪》

なんで風邪が学校を休む理由に使えないかというと・・・

まず風邪を引いてる演技がしんどい。

風邪を引いてる風に見えるには咳をしたり、寒がってみたり、体調が悪そうな表情をしたり・・・

つまり、親に信じさせるのが大変です。



親が共働きだと、朝さえ乗り切り親が外出してしまえば、後は家で一人でゆっくりできることもありますが、親に

病院に行きなさい

なんて言われたら面倒です。


病院に行かないと言うと、仮病がバレるかもしれないからと、一応病院に行くもの精神的に疲れるし、本当に行ってしまうとそれだけで半日終わってしまいます。

時間やお金の無駄だし、休んだ意味がありません。

ということで、快適にそして安心して学校を休めないかもしれないので、風邪を理由にするのはオススメできません。


使いやすい学校を休む理由

%e3%82%ba%e3%83%ab%e4%bc%91%e3%81%bf
さっきも書きましたが、学校を休むためにはまず親を信じさせること。

親を信じさせるのに一番無難な理由は

腹痛
頭痛
吐き気・嘔吐

ですね。

もうこれが鉄板です。

これしか無いってくらい鉄板です。


なぜなら、これらを信じてもらうのに、そんなに必死に演技しなくてもいいからです。

腹痛も、頭痛も、吐き気・嘔吐も、見た目ではあんまり分からないので、そう見せるための演技がいらないんです。

それに、これらの症状で親から病院に行くように言われることは無いでしょう。

「じゃ今日は家でおとなしくして様子でもみようか」

と言ってくれるでしょう。


そして、これらの症状は1日経てば直ってしまうことが多いので、1日だけ学校を休みたい時には丁度良い理由なんですよね。

しかし、風邪を理由にすると、1日で治るケースは少ないので、その次の日もちょっと体調が悪いフリをしないといけないので、すごく神経を使って面倒です。

スポンサーリンク

そもそも学校を休んではいけないのか

そもそも学校って絶対に行かなければいけないのでしょうか?

たまに、どうしても学校に行きたくない時ってありますよね?

そんな時は無理して行く必要はないと思います。

%e6%95%99%e5%ae%a4

なんでもかんでも理由をつけて学校を簡単に休むことは、オススメしませんが、どうしても学校に行きたくない時は無理することないです。

学校を休んでゆっくりすることでリフレッシュして次の日から元気に頑張れるんなら
学校を休んでもいいと思うのです。

ただ、学校をズル休みした罪悪感の方が大きくなるなら、無理してズル休みをする必要はないかもしれませんね。


まとめ

学校を休む理由でオススメできないのは

法事
風邪


逆にオススメできる無難な理由は

腹痛
頭痛
吐き気・嘔吐


ただし、あまりこれらの理由を多用しないようにしましょうね。

さすがに親や学校に怪しまれてしまいますからね(笑)

どうしても学校に行きたくないっていう時のための秘密兵器にしておきましょう!

スポンサーリンク

-生活
-, , , , ,