たぶろいど

世の中知らないことだらけ・・・

季節

スーパームーン2016年11月14日の時間と方角!当日の天気は?

%e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%83%bc%e3%83%b3
2016年のスーパームーンは11月14日です。

いくつかある天体ショーの中で、見た目が分かりやすくてインパクトがあるのがスーパームーン。

スーパームーンを探そうと思えば、空を見上げるだけで簡単に見つかるし、なんとか流星群みたいにわざわざ暗い場所や遠い所まで行く必要はありません。

都会に住んでいても普通に見ることができますよね。

ただ、スーパームーンの大きさを確実に感じるなら、スーパームーンを観測するベストな時間帯や見える方角を知ったおいた方が良いに決まっています。

スポンサーリンク

ということで、スーパームーンを見るための

ベストな時間帯
見える方角
当日の天気

について調べましたので紹介します。


そもそもスーパームーンとは

%e6%ba%80%e6%9c%88%e3%81%a8%e5%a4%9c%e6%99%af
スーパームーンとは、簡単にいうとでっかい満月 のこと。

月は地球の周りを楕円形を描くようにグルグル周っているので、月と地球の距離は一定ではなくて、常に近づいたり離れたりを繰り返しています。

そして、2016年11月14日、月と地球の距離がグンと縮まるのですが、今回ほど距離が縮まるのはなんと68年ぶりだそうです。


まあ、距離が近づくから大きく見えるわけですが、どれくらい大きく見えるかというと、大きさは普段より14%増し、明るさは約30%増しになります。


スーパームーンが見える時間帯と方角

%e6%ba%80%e6%9c%88
2016年11月14日のスーパームーンが出現する時間帯とその方角を確認しましょう。


ということで、当日の東京、大阪、福岡の

日没
月の出(月が出ること)
月の南中(月が一番高い位置に来ること)
月の入り(月が沈むこと)

それぞれの時刻を調べました。

※国立天文台のデータを参照。


《東京》
日没   16:35
月の出  16:40
南中   23:32
月の入り 5:19


《大阪》
日没   16:54
月の出  16:59
南中   23:50
月の入り 5:36


《福岡》
日没   17:16
月の出  17:22
南中 データなし
月の入り 5:56

月の出の方角は東、月の入りの方角は西。


ざっくり言うと

日没とともに東の水平線からスーパームーンが表れる

その時間が17時前後(場所によって前後する)

そして早朝5時~6時にかけて西の水平線に沈んでいきます。


スーパームーンの大きさを感じるには

%e6%9d%b1%e4%ba%ac%e3%82%b9%e3%82%ab%e3%82%a4%e3%83%84%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%81%a8%e3%80%81%e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%83%bc%e3%83%b3

スーパームーンの大きさを感じるには、月が水平線の付近にある時が良いです。

なぜなら、月は建物や山などの近くにある時に見るとより大きく見えるからです。


たまにスーパームーンでもないのに普通の月が大きく見えることありませんか?

同じ日の月でも、空高く昇った月と、水平線近くで建物や山と一緒に見る月とでは、水平線近くで見る月の方が大きく見えるのです。


例えば、これらはツイッターに投稿された昨年のスーパームーンです。






こちらが2014年のスーパームーンが山から出てくるところを撮影した動画。

山と比較すると月がちゃんと動いていることが分かります。




やたら大きく見えませんか?


近くに比較するものがあると月は凄く大きく見えてしまうんですね。

いくらスーパームーンでも、空高く昇った状態ではその大きさを感じることはできないでしょうね。


なので、スーパームーンの大きさを感じるなら、

日没後、月の出が始まってから約1時間の間です。

方角は東です。

早起きできる人は早朝の月の入りの直前1時間でもOKです。


都会の人はビルが邪魔して水平線を見ることができないので、高い建物が遮らない

河原
橋の上
ビルの屋上

など、から見ると建物の間から出てくるスーパームーンを見ることができるでしょう。


2016年11月14日当日の天気は?

%e5%a4%a9%e6%b0%97%e4%ba%88%e5%a0%b1

さて、スーパームーンが観測できる時間も分かった。そして、どの方角に見えるかも分かった。

肝心なのは当日の天気ですよね。

こればかりは、我々ではどうしようもない。コントロールができませんよね。

当日に雨が降ったり曇ったりするとせっかくのスーパームーンも見られません。


参考までに11月の降雨量を調べてみると、11月は1年の中で4番目に降雨量が少ないというデータがありました。

ということは、雨が降ってスーパームーンが見られなくなる確率は低いと言えそうです。


今の時点では、当日の天気は全然分かりませんが、1週間前には全国の週間天気予報が発表されるはずなので、その時は詳細な天気予報をお知らせしたいと思います。

ちなみに、スーパームーンとは2016年11月14日に月が1番地球に近づことなので、当日に天気が悪くても、その前後の日で天気が良ければ、大きな月を観測することはできますよ。

数日ズレたところで満ち欠けで月の形が多少変わるだけで、見た目の大きさにあまり違いは感じないと思いますので、11月14日が雨で見られなくてもそれほどがっかりする必要はないでしょう。


まとめ

スーパームーンの大きさを感じるなら

11月14日の日没直後、東の水平線から昇ってくる月がベストです。

月が出る時間は、場所によって多少違いはあるが17時前後、そこから1時間の間が勝負です。

空に昇りきったスーパームーンは、あまりその大きさを感じることができません。

以上、2016年のスーパームーンについての情報でした!

スポンサーリンク

-季節
-, , , ,