たぶろいど

世の中知らないことだらけ・・・

漫画

アイアムアヒーロー254話(46号)のネタバレとあらすじ!感想と考察

アイアムアヒーロー254話(46号)のネタバレとあらすじ!

英雄の放った銃弾は、桐谷の脳天を貫き頭から血を流して倒れ込んでしまった。

どうやら即死したようである。

もちろんコロリ隊達は、桐谷が感染していることなど知るよしもない。


銃声とともに現れた謎の人物。屋上にいる者達は誰一人としてその人物が何者なのか分かっていない。

そんな中、スコップ男が、この正体不明の男のことを自分の仲間で自衛隊の狙撃部隊であると嘘を付いて、撹乱させようとする。

このあたりの機転の効かせ方を見ると彼にはそれなりの知性も持ち合わせているようである。

しかし、おばちゃんはその嘘を見破り、コロリはその狙撃手の所属を確認するという探りを入れる。このように相手の嘘を見破れる冷静さと洞察力があるからこそ、ここまでサバイバルできたのだろう。


そんなやり取りをしていると、なんとスコップ男の顔面の傷が開いて、額のあたりから崇の顔が飛び出してきた。

なんとも異様な光景。

崇は、崇の人格はキープしていた。それは崇の気の弱そうな表情とその語り口ですぐに理解ができた。


コロリが崇にクルスが存在している目的を質問する。

スコップの男の答えは

目的は何もない

だった。

しかも、巨大ZQNのことも知らないと。

スポンサーリンク

スコップ男は、自分以外のムカツク奴を全員やっつけるだけだという。

そしてスコップ男の話で判明したことは、来栖とスコップ男と崇は融合してのではなくて、来栖が他の二人を取り込んでしまったということ。

しかし、それは完全に吸収するのではなく、個人の人格は残してままの特殊な状態であった。

こんなことが可能なのはやはり感染したからなんだろう。


そして、クルスは彼ら3人だけではなく、無口女もそうであると告げられる。

スコップ男は彼女の力を解放してしまった。彼女がどんどんZQN化してしまう。

それを自覚した彼女は、コロリに

「殺して」

とお願いするのであった。


一方、英雄はというと、相変わらずスコップ男が追い込まれていると勘違い。

そんな英雄の目の前に巨大ZQNが迫りくる。そして、英雄は巨大ZQNに弾を打ち放す。

スポンサーリンク

アイアムアヒーロー254話(46号)の感想と考察

クルスの目的は、何も無いということだが、これはあくまでもスコップ男が答えたことなので彼だけの考えだけかもしれないですね。

まあ、彼の場合はムカツクという彼なりの理由を元に行動しているわけですが、来栖の場合はまさに赤ちゃんのように本能のままに行動しているようなので、来栖の方が質が悪いかもしれないです。

気になるのが、崇が「将来はその・・・」と語りかけた「・・・」の部分。崇の個人的な思いがそこにはあったはず。今後「・・・」のところが気になるところです。

クルスの目的が本当に何も無いなら、クルスの存在は感染パニックの中の偶然の産物なのだろうか?

唯一、このパニックに決着を付けられるのは、ZQNでもなく人間でもなく、偶然の産物であるクルスのような存在なのかもしれない。だとすれば半感染者で英雄がヒーローになるということと辻褄が合うような気もします。

しかし、英雄にはまだ物語の主役になるような予感が全然感じられないですけどね。

スポンサーリンク

-漫画
-, , , , , ,