たぶろいど

世の中知らないことだらけ・・・

生活

トランペットの吹き方!初心者はここから始めよう

2016/06/02

トランペット

トランペットを吹けるようになりたい!

とは思ったはいいけど、初心者にとってはなんだか難しいそうなイメージがありますよね。それはきっと、どういう仕組みでトランペットから音が出るのか知らないからだと思います。

ということで、まずはトランペットから音が出る理由を理解しておきましょう。

スポンサーリンク

トランペットから音が出る仕組み

トランペットは金属の筒なんです。この筒に先端がラッパ状になったマウスピースが刺さってるだけです。

ところで、こんなシーンをどこかで見たことはありませんか?

未経験者が初めてトランペットを吹いてみたところ

スーーーッ、スーーーーッ

とスカスカな音しか出せていない場面を。


息を吹き込むだけでは音は出ません。実は、音の発生もとは唇の振動なのです。その振動音がトランペットの中を通り抜けてる時に増幅されてそれがトランペットの音として聞こえるのです。


だからトランペットはただの音の増幅装置だと言えますね。マウスピースに触れている唇の振動数や振動の大きさで音の種類が変わります。


トランペットとギターやピアノなどの違いは、トランペットは人の体の一部が音が出しているのに対して、ギターやピアノは楽器それ自体が音を出しているところですね。

このような音が出る仕組みを理解していると実際の練習での上達は早いと思います。

スポンサーリンク

トランペットの吹き方

では、実際の吹き方を説明します、というか練習の仕方の説明になるかもしれません。

最初はマウスピースだけから始めて息を吐く感覚をつかみます。

まず上下の歯の間はすこし間を開けます。

唇は力を抜いて、横に軽く開く形にします(おちょぼ口の反対です)。

こんな感じです
kuti1


ダメな例
kuti2

そして唇にマウスピースを当ててそのまま息を吐きます。

この時の注意点は、唇の形を変えないこと、ほっぺたをプクーと膨らまさないこと。その状態をキープさせたまま唇を振動させることを意識します。

はじめは唇を強く当ててしまうかもしれませんが、慣れてくればその感覚は分かってくるでしょう。

練習方法は、上記のことを意識してマウスピースを吹き続けること!

基本はこれを繰り返すだけです。

どの楽器にも言えることですが、上達するには結局、反復練習が必要です。

とーっても地味です(笑)

地味ですが、これが一番の近道というか、それしかない。本気で上手くなりたいなら、きっとできるはず。


どこで練習するか

練習する場所の確保もたいへんです。

田舎であれば、人気のない山や林、海とかで人目を気にすることなく吹きまくれますよね。でも都会に住んでいるとそうもいきません。

近所に広い公園とか川があればラッキーですが、なければカラオケボックスに行ってみましょう。場所によっては練習可能なところもあるはずです。

音楽スタジオもありますが初心者が気軽に練習するには費用が高過ぎます。

あとは音楽サークルみたいな集まりがあれば参加してみるものありだと思います。先輩がいれば教えてもらえるし、1人で練習するより楽しいに決まっています。

スポンサーリンク

-生活
-, ,