たぶろいど

世の中知らないことだらけ・・・

生活

春分の日 2017年はいつ?日の出と日の入りの時間をチェック!


春分の日と聞いて知っていることと言えば

昼と夜の時間の長さが同じになる日

とか

国民の休日で学校や会社が休みの日

といったところでしょうか。


特に私達が気になるのは、

いつ学校が休みになるの?

いつ会社が休みになるの?

ってことですよね(笑)

スポンサーリンク

実は、春分の日は他の国民の休日と違って、その年によって日付が変わります。

そして、春分の日は昼と夜の時間が同じと言われていますが、実は同じではないんです。


ということで今回は

2017年の春分の日はいつか?

2017年の春分の日の日の出・日の入りはいつか?

時間が同じでないとはどういうことか?

を説明したいと思います。


2017年の春分の日はいつ


2017年の春分の日は

3月20日(月)

です。

連休でよかったですね(笑)


次に、冒頭にも書いた

その年によって春分の日は違う

ということの説明をしましょう。


春分の日は、国立天文台というところが決めています。

国立天文台は、毎年2月にその次の年の春分の日を発表します。

つまり、2017年の春分の日は2016年に発表されたわけですね。


となると、

毎年、来年の春分の日までしか分からないのか?

となりそうですが、実際はそんなことはありません。


本当は、ずっと先の春分の日も計算で分かっているし、毎年の国立天文台の発表でそれがくつがえされたことはありません。


ちなみに、2018年以降の春分の日は

2018年 3月21日

2019年 3月21日

2020年 3月20日

2021年 3月20日

2022年 3月21日

2023年 3月21日

となっています。


つまり毎年、春分の日は3月20日か3月21日のどちらかなんです。

スポンサーリンク

では、なぜ、その年によって春分の日が違うのか?

それは地球の公転が関係しています。

地球が太陽のまわりを周ることを公転といいます。


たぶん、学校では地球は1年(365日)で太陽のまわりを1周すると習ったと思いますが、実際は

365.2422日で1周します。

つまり、1日と約6時間で地球は太陽のまわりを1周しています。


この説明でピンときた人もいるかもしれませんが、この6時間が4年分たまると1日になり、その1日を消化するために設けられたのが、4年に1度、2月29日があるうるう年なんです。

この毎年6時間のズレがあるせいで、昼と夜の時間が同じ日が3月20日だったり3月21日だったりして、それに伴い春分の日も毎年変わるのです。



ちなみに、昼と夜の時間が同じ日になる日がもう1日あって、それは秋分の日です。

2017年の秋分の日は9月23日です。


秋分の日も春分の日と同じで

国民の祝日であり

その年によって日付が違います


あと、昼が1年で一番長くなるのが夏至で、夜が1年で一番長くなるのが冬至です。

春分の日・夏至・秋分の日・冬至がほぼ3ヶ月ごとに来るのは、地球の地軸が傾いていて、かつ地球が太陽のまわりを1年で1周しているからです。

<参考>
冬至 2016年はいつ?日の出と日の入りの時間をチェック!


ハッピーマンデー制度による春分の日への影響は?

ハッピーマンデー制度とは、2000年に施行された法律で

大型連休を作るために国民の休日を特定の週の月曜日に移動する

というものです。

制度が始まって以降、今のところ春分の日が移動させられたことはありません。



2017年の春分の日の日の出・日の入りはいつ?


2017年の春分の日の日の出・日の入りの時間を調べました。

日の出と日の入りの時間は、場所によって違うので今回は日本標準時子午線のある明石市がある兵庫県で確認。

国立天文台のホームページに、各地域の毎日の日の出と日の入りの時間が掲載されています。

で、2017年3月20日の兵庫県の

日の出が 6:03
日の入が 18:11


あれ?

よく見ると昼と夜の時間が同じではないですよね。

昼の方が8分長いです。


昼と夜の長さが違うのには2つの理由があります。


それは

①日の出と日の入りの定義が太陽の上辺が地平線と一致する瞬間とされているから。

②地球の大気のせいで、水平線付近の太陽の光は屈折して浮き上がって見えるから。

この2つの理由で日の出・日の入りの時間にズレが生じているのです。



少しややこしくなるのですが

つまり、

日の出の時、水平線が太陽の上辺から中心まで移動する時間



日の入の時、水平線が太陽の中心から太陽の上辺まで移動する時間

この2つの時間を足した分だけ昼の時間が長くなるのです。


逆に言えば、

日の出・日の入りの定義を太陽の中心と水平線が一致した時点とし

大気による光の屈折が無くなれば

昼と夜の長さが同じになるということです。


春分の日ってどんな日?


春分の日は、天文学的に意味があるだけでなく、ある習慣と関係があります。

それがお彼岸です。

春分の日を挟んで前後3日間(一週間)は、いわゆるお彼岸と呼ばれていて、この時期に墓参りなどをして先祖供養をすると良いとされています。

ちなみに秋分の日を挟んだ前後3日間(一週間)も同じくお彼岸と呼ばれています。

春分の日や秋分の日が、お彼岸の時期とは知らずに、家族とお墓参りに行ったことがある人もいるはずです。

ちなみに、お菓子のおはぎぼたもちはお彼岸用のお菓子なんですよ。


まとめ

春分の日は、その時によって日付が違います。

2017年はの春分の日は3月20日です。

そして、実は昼と夜の長さは同じではないのですが、これは日の出・日の入の定義によってそうなってしまっただけで、実際は昼と夜の時間はほぼ同じです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

この記事が参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

-生活
-, , , ,