たぶろいど

世の中知らないことだらけ・・・

生活

衣替のコツ!子供服ならではのやり方を紹介!


小学生のお子さんがいるママにとって、子供服の衣替えの時期は憂鬱ですよね。

衣替えも食事・洗濯・掃除と同じで、しないわけにはいきませんからね(笑)

ですが、どうせ衣替えをするなら、きちんと済ませたいもの。


大人にも子供にも衣替えは必要ですが、大人服の衣替えではありえない子供服ならではの衣替えのコツがあります。


今回は、小学生のお子さんがいるママに向けて、子供服用の衣替えのコツを紹介したいと思います。

スポンサーリンク


子供服の衣替えのコツ

子供服の衣替えのコツはずばり

まずは捨てること


捨てることは、物の整理の基本であると知ってるママも多いと思いますが、特に子供服の衣替えの時はその基本が本当に当てはまります。


なぜなら、小学生くらいの子供はどんどん成長するから。

今、着ている服のほとんどが来年は着れなくなります。

着れたとしても2年とか3年とかじゃないですか。

大人の服のように何年も同じ服を愛用し続けることができませんよね。


だから、子供服のほとんどが衣替えの時に収納しても、来年はサイズ的に着れなくなってしまうことが多いのです。

衣替えの時は、まずはその服は来年サイズ的に着れるかどうかを検討するところから始めましょう。


着れない服を捨てる前にできること

もし、その子供服は来年は着れないと判断をした時、その服を無条件に捨ててしまうのはもったいないです。

捨てる以外にできることがいくつかあるので、ここではそれを紹介します。


お下がり用に置いておく
歳の離れていない年下の兄弟・姉妹がいれば、その子達用にお下がりとして置いておきます。

ただし、小学生の低学年や男の子ならお下がりを着てくれるかもしれませんが、小学生の高学年の女の子になると、お下がりを着てくれないかもしれません(TдT)



誰かにあげる
近所に気心の知れた仲の良いママ友、または親戚の子供にお下がりとしてあげます。



ヤフオクやメルカリで売って現金化
ヤフオクやメルカリとはネット上でできる物の販売サイトで、これらのサイトではいろんな物が売買されています。

これらのサイトで子供服を中古品として販売するのです。

節約志向のママ達は、子供服をヤフオクやメルカリで普通に店で買うより安く手に入れているんです。

ヤフオクやメルカリのページを覗くと分かるのですが、子供服が大量に出品されて売買されています。


ヤフオクやメルカリで子供服を販売することのメリットは、

子供服を再利用してもらえる

現金収入を得られる


まだまだ着れる服を捨てるのは抵抗があるっていうママにとって、子供服を使い続けてくれることは嬉しいことですよね。

そして、現金収入は家計の足しになります。節約志向のママにとってはこの収入はとってもありがたいはず。


ただ、1つデメリットがあります。

それは出品作業が面倒なこと。

これらのサイトで出品するには子供服の写真を撮ったり、商品説明を書いたり、売れた子供服を発送したりと、ある程度作業が必要で、しかも最初にそれらのやり方を覚えないといけません。

メルカリの方は、ヤフオクに比べてかなりやる事は少なくなったとはいえ、面倒なことが嫌いなママにとっては、現金を得るまでの作業がハードルになることは確かです。

スポンサーリンク

リサイクルショップに売る
ヤフオクやメルカリで作業をして現金を得るのが面倒な時は、リサイクルショップに買取をしてもらいましょう。

近所のリサクルショップでもいいし、近所になければ宅配便で送れば、無料で査定をしてくれるところもあります。


寄付をする
いらなくなった子供服を寄付します。

ネットで検索をすると子供服の寄付を受け付けてくれるところがたくさんあることが分かりまります。

純粋に子供服を必要な人に再利用して欲しいと思うなら寄付してみてはいかがでしょうか。

そのまま捨てるより全然いいですよね。


子供服の収納のコツ

処分しないと決めた子供服は、保管することになりますが収納のコツがあります。

この時に面倒だからといって楽をして適当に収納してしまうと、来シーズン子供を服を出そうとした時にさらに面倒なことになってしまいます。


まず、収納する子供服がどれくらいあるか把握します。

その量と家の収納場所に合う大きさと形をした収納ケースを用意します。

収納はネットでも買えますが、もし近所のホームセンターなどがあれば、実物を見て大きさを確認してから買うと良いでしょう。

兄弟・姉妹がいれば、彼らの服と同じ収納には入れない。別にする。

収納ケースに誰(子供の名前)がいつ(春夏秋冬)着ていた服か書いたシールを貼っておく。

中身が見れないケースなら、収納前の服を床に広げてそれをスマホのカメラで撮影して、それをパソコンなどに名前をつけて保存しておく。

写真を撮っておけば来シーズン、

この中、どんな服が入ってたかな〜

なんて言いながら、いちいちケースを開けなくても中身を確認することができます。

防虫剤と消臭剤を入れましょう。


まとめ

小学生の子供服の衣替えのコツは、まずその服が来年以降、サイズ的に着れるかどうか確認すること。

もしダメなら処分する、という順番で考えましょう。


処分する時は、捨てる、誰かにあげる、現金に変える、いずれかの選択肢があります。

そして、来年以降に着る子供服は、誰がどのシーズンに着ていたかというグループごとに分けて収納します。

この順番で衣替えをすれば、家の中がいらない子供服で溢れることもなく、来シーズンもズムーズに衣替えできるでしょう。

来年の今頃、楽できるどうかは、今ちょっとだけ手前をかけるかどうかにかかっています。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

-生活
-, ,