たぶろいど

世の中知らないことだらけ・・・

生活

嫁と妻と奥さんと家内の違いと使い分けをまとめてみた!


結婚したばかりの男性にとって気になることの一つが奥さんのことをなんて呼ぶか?

結婚式を挙げた直後に誰もがこのことについて考えたはず。

付き合ってる時は、彼女と呼んでいたと思いますが、結婚した途端、相手のことを呼ぶ言葉がいくつもあることに気付きます。

例えば



奥さん
家内

など

なんでいくつも呼び方があるのでしょうか?

どの呼び方を使うのが一般的なんでしょうか?

ということで、今回は、嫁、妻、奥さん、家内の違いとその使い分けをまとめました。

男性側はなんと呼ばれるのかも調べてみました。

スポンサーリンク


嫁の意味と使い方

嫁という呼び方は、関西より西の地域で使われることが多いようです。

分かりやすい例を挙げると関西の芸人さんがテレビで奥さんのことを嫁と呼んでいるのをよく見かけます。

もしかしてその影響かもしれませんが、大阪に住んでいる私から見ても、確かに奥さんのことを嫁と呼んでいる人は多いです。

逆に東日本の友人・知人で奥さんのことを嫁と呼んでいる友人は見たことがありません。


嫁という言葉を辞書で調べると

息子の配偶者

結婚したばかりの女性

という意味が書いてありました。


つまり、嫁という言葉は昔ながらの家制度を反映した呼び方ということです。

それは嫁を嫁ぐと読めることからも明らかですね。

その証拠に、男性側の親族も自分の息子の奥さんのことを嫁と呼びます。



しかし、地域に偏りはあるものの、今では自分の奥さんのことを嫁と呼ぶことは、一般的になっています。

ただ、嫁という呼び方にあまり良いイメージを持たない人も多くて、きっとそれが理由で東日本では嫁という言い方をする人はあまりいないのだと思います。

ですので、少なくとも東日本に住んでいる人は嫁という言い方は使わない方がいいです。

かなりの確率で違和感を持たれることでしょう。


ということで、嫁という呼び方を使うとすれば自ずと西日本方面の人になるわけですが、この呼び方は、お互いに対等な立場の人親しい友人との会話の中で使われることが多いです。

嫁という呼び方は、仕事上の会話など、公の場では使わない方がいいです。



家内の意味と使い方


家内の意味を調べると

家の中にいる人

配偶者の妻

とありました。


これだけだと言葉の意味のニュアンスが分かりにくいので、家内に対する男側の呼び方を調べました。

その呼び方は主人です。

主人の意味は、

家の長

あるじ

一家のぬし

とありました。


これから分かることは、家内という呼び方は、「嫁」と同じで昔ながらの封建的な考え方を反映しているということです。

つまり、女は家で家事をして主人に仕えるものという考え方に基づいています。



今の若い人は、奥さんのことを家内とは呼びません。

しかし、意外と年配の人は、奥さんのことを家内と呼ぶことが多いですよね。

そして、それを聞いている側も家内という言葉を聞いても嫌な気持ちになりません。

どちらかというと嫁という呼び方の方が嫌な感じがします。


ただ、若い世代が家内という呼び方をするとかなり違和感がありますよね。

なので、若いうちは家内という言い方はしない方がいいです、というかする人はほぼいないでしょうが(笑)

もしかしたら、歳をとってくると家内という言葉を自然と受け入れて違和感なく使えるようになるのかも知れません。


奥さんの意味と使い方


奥さんの意味・語源を調べてみると

奥さんの「奥」は、入り口から離れた場所のことを意味して、その奥のいる人のことも「奥様」と呼ぶようになったようです。

もともとは公家や大名などの身分が高い人の妻のことを指していました。

それが今では「奥さん」という言い方をされるようになったのです。


これを踏まえて今の奥さんの意味を言うと

他人の配偶者のことを指す呼び方

となります。


「他人の」というところがポイントです。


奥様という呼び方も同じです。

例えば、

奥様はお元気でいらしゃいますか?

という言い方などがそうですよね。


つまり、正確には自分の妻のことを奥さんと呼ぶのは意味的に間違っているのです。

しかし、今は自分の妻を「奥さん」と呼ぶことが一般的になっているし、聞く方も自然と受け入れています。

ですので、奥さんという呼び方は、普通に使っても大丈夫だが意味的には間違っていると覚えておきましょう。


妻の意味と使い方


妻の意味・語源を調べると、もともと男と女に関係なく配偶者のことを意味していたのですが、今では男性側から女性の配偶者を呼ぶ時に使われるようになりました。

男性が自分の配偶者を呼ぶ時に「妻」を使います。

現代では、妻という呼び方が最も無難な言い方です。

公の場では、奥さんのことを妻と呼ぶのが間違いないです。


例えば

会社の上司に対して

目上の人に対して

仕事上で付き合いのある人に対して

初対面でまだ親しくない人に対して

など

このような人に対して、自分の奥さんのことを呼ぶ時は「妻」を使いましょう。

間違っても嫁なんて言わないようにしましょう。

逆に親しい友人や身近な人の前では妻という言い方は堅苦しいので、嫁や奥さんの方がしっくりきます。

スポンサーリンク


その他の言い方

嫁、家内、奥さん、妻以外にも女性の配偶者を指す言い方はいくつかあります。

例えば

女房

カミさん

など

ひどい場合は、うちのヤツなんて呼ぶ人もいます。


これらはどれも女性が男性に仕えるみたいなニュアンスが感じられて個人的には好きではありません。

今では、そのような価値観を持った年配の人がこれらの呼び方を使います。

しかし、さすがにそのような価値観が時代に合わなくなり、若い世代でこららの呼び方を使う人はいません。

おそらく、今、これらの呼び方を使ってる世代がいなくなると同時に死語になっていくことでしょう。


男性の配偶者はなんと呼ぶか?


せっかくなので、男性の配偶者は、奥さんになんと呼ばれるのか確認しておきましょう。




妻に対しての夫です。

公の場で使う時にいちばん無難な呼び方です。

普段、夫なんて言わない奥さんが外で自分のことを夫と呼んでいるのを聞くと、ちょっと照れてしまうと思います(笑)



主人

夫と比べてさらに丁寧な言い方です。

奥さんが目上の人と話す時には、夫ではなくて主人という呼び方にした方がいいです。


あと、「主人」の前に「ご」または「御」をつけて

ご主人

とか

御主人

にすると、他人の配偶者を呼ぶ時の言い方になります。


例えば

ご主人は元気にしてますか?

みたいな使い方です。



旦那

旦那という呼び方がいちばんポピュラーな呼び方です。

おそらくこれを読んでいる人の多くが、奥さんに旦那と呼ばれていると思います。


旦那という呼び方は、

親しい友人

気心が知れた人

同士の会話で使われることが多いです。


ちなみに、この呼び方には

旦那



旦那さん

と、2パターンあって

「旦那」だと奥さん同士がお互いの配偶者の悪口を言う時に使われたりと、あまり良いイメージがないです。

リスペクト感がありまり感じられません(笑)

でも、「旦那さん」という言い方だと、奥さんが相手のことを大事に思っている気持ちが感じられます。

「さん」が付くか付かないかで、そこに込められている気持ちが大きく違う気がします。


まとめ

今回の件を調べて改めて思ったのは、女性の配偶者を表す言い方が本当にたくさんあること。

そして、それらの多くが封建的な価値観に基づいていること。

しかし、それらの言い方は時代の流れの中でいずれ使われなくなるでしょう。

今、最も使われているのが

嫁、妻、奥さんの3つ。

公の場では妻。

親しい間柄で使う時は嫁、または奥さん。

このように使い分けすれば間違いないでしょう。

スポンサーリンク

-生活
-, , , , ,